smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

【告知】Camo-Cafeオープニング・トーク

今日は無事に早稲田COEシンポジウム終了。「公共」という概念を巡って、「劇場」という場を巡って、そして公・民それぞれの活動主体が直面する問題・課題を巡って、とても有意義な議論が出来たと思う。はじめは4時間ももつのだろうかと若干心配していたものの、まったく退屈する暇もなく、刺激的な議論が展開されたのでは。とにかく無事に終わって、一安心。これから4年間の研究の方向性が共有されて今後が楽しくなった。

さて、来週には、アルゼンチンで出会った、エミリオ・ガルシア・ウェービ、マリエル・アルバレスを迎えたカフェートークをやります。2004年に初めて「Camo-Cafe」という企画を始めて、三度ほど断続的にトークイヴェントをやってきたのですが、今回、TIFのプロジェクトの一環で、にしすがも創造舎の昇降口に特設のカフェスペースをオープンすることになり、そこを使ってのトークになります。ゆるゆるとした雰囲気の中、非常にラジカルなアートの話を聞けるという機会です。ぜひ興味ある方は遊びにいらしてください。ありえないことに、無料です!


===============================
Camo-Café Talk Vol.1

日時:2008年2月15日(金)19時~21時
会場:にしすがも創造舎 Camo-Café (1F特設カフェ)
料金:無料(会場にてドリンク販売あり) 
定員:30名程度
申込:予約フォームより
*ご予約なしでお越しいただいた際には、お席をご案内できない場合あります。
必ず事前にご予約をお願いします。
================================

ゲスト:
エミリオ・ガルシア・ウェービ
マリエル・アルバレス
鴻英良

記念すべきCamo-Caféオープニング・トークでは、アルゼンチン現代演劇シーンを牽引した伝説的なパフォーマンス集団「エル・ペリフェリコ・デ・オブヘトス」の創設者であり、美術家、演出家であるエミリオ・ガルシア・ウェービ、そしてその右腕パフォーマーのマリセル・アルバレスを迎えます。

死体や浮浪者と見まがうばかりのスーパーリアルな人形を都市の25箇所に介入させ、それを発見した人々の反応を通じて、現代社会の諸問題を考察し議論をドキュメント化する『ピロクテーテス・プロジェクト』を始め、その前衛的で挑戦的なプロジェクトや作品は常に世界のアート界に大きな衝撃と賞賛を持って迎えられてきました。経済破綻をきたしたアルゼンチンで、今アーティストは何を考え、行動しているのか? 聞き手には、実際にベルリンで『ピロクテーテス・プロジェクト』の全行程に参加した批評家の鴻英良氏を迎えます。

エミリオ・ガルシア・ウェービ Emilio Garcia Wehbi
美術家、演出家。1990年にアルゼンチンで最も重要なシアター・カンパニーのひとつであるエル・ペリフェリコ・デ・オブヘトス(オブジェの周辺)を設立。舞台芸術と多ジャンルの境界線上にある作品やローカル/グローバルという概念を常に更新し続ける作品を多数発表している。またその一方で、オブジェを使い、<生の不在>を通じて<生の本質>に迫る作品を作り続けている。演劇、オペラ、写真、絵画、インスタレーションなど、様々な表現形態を横断する数々の作品やプロジェクトは、世界中の劇場や美術館で発表され注目を集めている。

マリセル・アルバレス Maricel Alvarez
俳優/コンテンポラリー・ダンサー。主な出演作品に『アウリスのエピゲニーア』(エウリピデス)、『ボヘミアの光』、『メドゥーサの仮面』(いずれもラモン・デル・バレ=インクラン)、『芝居』(ベケット)など。10年前よりエミリオ・ガルシア・ウェービ作品に参加している。『ピロクテーテス・プロジェクト』ではアーティスティック・プロデューサーを担当し、都市でのインターヴェンションを成立させるため、市当局との交渉、参加者のコーディネートなどに奔走した。


主催:NPO法人アートネットワーク・ジャパン
協力・資料提供:京都造形芸術大学
# by smacks | 2008-02-08 00:06

【告知】シンポジウム「公共劇場の10年」

ご案内です。平日の昼間、しかも長時間のシンポジウムですが、
コアなシンポジウムになると思います。


早稲田大学演劇博物館グローバルCOE「演劇・映像の国際的教育研究拠点」
芸術文化環境研究コースシンポジウム

公共劇場の10年
~舞台芸術・演劇の公共性の現在と未来~

 日本に公共劇場と呼ばれる場が誕生して10年あまりが経過しました。
設立当時の社会のニーズをくみあげ、芸術監督の感性を反映させて
つくられた公共劇場は、何を目指して出発し、どんな課題に直面し
たのでしょう。また今後はそのあり方をどう変えていくのでしょうか。
さらに、既存の劇場以外の場においても活動を発展させている新しい
舞台芸術、演劇活動は現在どのように社会と関わろうとしているので
しょうか。
 この10年で確認された舞台芸術、演劇そのものがもつ公共性とは
何なのか、パブリックなものを担う主体は誰なのか。
―劇場制度、公共団体がつくりあげている劇場の問題とともに、
民間の舞台芸術・演劇活動が担っている公共性をも視野にいれ、
これまでの歩みを振り返り、現状を確認しながら、参加者とともに
未来への提言を構築するシンポジウムを開催します。
 
【開催要項】
■日時
2008年2月7日(木) 午後1:30 ~ 午後5:30 (開場 午後1:00)

■会場
早稲田大学 西早稲田キャンパス26号館(大隈記念タワー) 地下多目的講義室
http://www.waseda.jp/jp/campus/index.html
(早稲田大学へのアクセス)
http://www.waseda.jp/jp/campus/nishi_up.html
(西早稲田キャンパスマップ)

■プログラム
13:00 開場
13:30~13:40 開演・挨拶
【第一部】問題提起
13:40~14:00 小林真理 (東京大学)
14:00~14:20 松井憲太郎 (世田谷パブリックシアター)
14:20~14:40 伊藤裕夫 (富山大学)
14:40~15:00 相馬千秋 (NPO法人アーツネットワーク・ジャパン)

(休憩・質問受付)

【第二部】基調報告と討議
15:20~15:40 松本小四郎(水戸芸術館演劇部門芸術監督)
15:40~16:00 中島諒人(鳥の劇場)
16:00~17:00 パネルディスカッション
パネリスト :中島諒人、松本小四郎、小林真理、松井憲太郎、相馬千秋、
       伊藤裕夫(=モデレーター)
17:00~17:30 質疑応答、まとめ
司会:藤井慎太郎(早稲田大学)
 
■主催
早稲田大学演劇博物館グローバルCOE「演劇・映像の国際的教育研究拠点」
芸術文化環境研究コース

■参加費
無料

■お申込み方法
定員:80名(先着順)
申し込み先:gcoe-enpaku-event@list.waseda.jp

席数に限りがありますので、氏名・所属・連絡先をご記入の上、
お早めに上記の電子メールアドレスまでお申し込みください。
# by smacks | 2008-01-28 14:09

【告知】早稲田大学GCOE - Port B 研究会

筆者が07年秋より客員講師を務めている
早稲田大学演劇博物館グローバルCOE芸術文化環境研究コース」
の研究会が開催されます。
TIF08でも再演されるPortBのツアー・パフォーマンス、
「東京/オリンピック」の創造プロセスに焦点を当てた、内容の濃い研究会です。

ぜひご参加ください。
それから、TIF08での再演は、席数が限りなく限られていますので、
ご観劇を予定している方は、なるべく早くチケットをお求めになられることを
強くお勧めしておきます。

東京国際芸術祭2008 http://tif.anj.or.jp

==========================================

早稲田大学演劇博物館グローバルCOE芸術文化環境研究コースで
は、来たる1月21日(月)18時より「『東京/オリンピック』演劇
創造のプロセス」と題した研究会を開催いたします。

芸術文化環境研究コースが制作に協力し、2007年末に上演された
Port Bの作品『東京/オリンピック』は、3人のバスガイドの案内に
よって、移動するはとバスの車内・車窓、「東京」を舞台としておこな
われたツアー・パフォーマンスで、きわめて今日的な手法によって大き
な話題を呼びました(3月8、9日に2回のみ再演されます。詳しくは
末尾をご覧下さい)。 

今回の研究会では、Port Bのメンバーをゲストに迎えて、作品の
創造過程を対象として取り上げ、リサーチ(研究)とクリエーション
(創造)の間の関係の可能性を探りたいと思います。作品をつくること
(とくにドラマトゥルクの仕事)も研究を必要とするし、研究もまた上
演作品だけでなく、創造のプロセスを対象とすることができるはずです。

アイディア、人、資金などの様々な「流れ」に焦点を当てながら、作品
とその創造プロセスのドキュメント化と分析を試みます。『東京/オリ
ンピック』自体が、運動や流れを主題化した作品でしたが、芸術作品
を、固定され、安定したものではなく、いくつもの流れの交差する結節
点としてとらえてみたいと思います。一つの作品が、どのようにして
「誕生」し、「作品」になるのか、その過程を追います。記録映像も合
わせて上映します。作品をご覧にならなかった方でも、ご覧になった方
でも充分楽しめる内容です。

ここで論じる『東京/オリンピック』という作品と同様、普段はあまり
なされない切り口から、演劇を論じる研究会としてみたいと思います。
日にちが迫っていて恐縮ながら、ぜひふるってご参加下さい。

日時 1月21日(月)18:00~(20:00頃終了予定)
会場 早稲田大学西早稲田キャンパス6号館318教室(演博
レクチャールーム)

配付資料と会場の準備のため、参加希望の方は事前にその旨を、お名前
と当日のご連絡先とともに、drama@b-star.jpまでお知らせ下さ
ると幸いです(かなりがんばって、作品と創造過程の記録を準備してい
ます!)。

なお、『東京/オリンピック』は好評につき、東京国際芸術祭
(TIF)のプログラムとして、3月8、9日に再演されることに
なりました(席数限定につき、チケットのお求めはお急ぎ下さい)。
http://tif.anj.or.jp/tour/index.html
# by smacks | 2008-01-20 01:31

京都造形大学

関が原では猛烈な吹雪で、途中で新幹線とまるかとひやひやしましたが・・・極寒の京都へ。

京都造形大学。この大学とは、なにかとご縁があり、06年にはスレイマン・アルバッサームの「カリラ・ワ・ディムナ」公演をさせていただいたり、来年度も新たな共同プロジェクトを計画中だったり。

大学1年生の授業で、「非ヨーロッパ圏の演劇」ということで、04年ー07年中東シリーズで紹介したアーティストや作品群についてお話をさせていただいた。久しぶりにDVDなどを見ていたら、目頭が熱くなってきてしまった・・・9作品、いろいろあったなあ。。。

ところで大学1年生の皆さんは、9.11のころ中学生だったそうだ。すごい。まあ平成20年だから、平成生まれが成人式を迎える時代なのだよなあ。

授業のあとに、舞台芸術コースの卒業公演を拝見したのだが、これがまたすごかった。4人のパフォーマー(もちろん卒業する学生たち)、いきなり、一糸まとわぬ全裸姿に、パイプ椅子持参で登場。「それじゃ、ポストパフォーマンス・トークはじまーす」と、平然とネタバラシをはじめたり。いやー、高嶺さんの影響色濃い(?)、エキサイティングな卒業公演でした。彼らの卒業後の進路が気になる。
# by smacks | 2008-01-17 01:35 | ■その他もろもろ

【告知】音楽映画・横浜

b0028579_16314954.jpg
急な坂スタジオを拠点に、ワークショップを経て作品創造に取り組んでいる、安野太郎およびそのコラボレーターたちによる公演が迫ってきました。

お席が限られているので、ぜひお早めにご予約下さい!

詳細はこちらから⇒http://taro.poino.net/musicinema_yokohama/
# by smacks | 2008-01-14 16:34 | ■横浜【急な坂スタジオ】

【告知】ざしき芝居『妖婆』

新春のマンスリー・アートカフェは、野毛の名店での「座敷芝居」!
ぜひお運びください。(でも席にかなり限りがあるのでご予約はお早めに。)

=============================

野毛まちなかキャンパス 最終回『野毛のもてなしと名物を体験する』
×マンスリーアートカフェ vol.14『座敷でおもてなし』
最終回を迎える野毛まちなかキャンパスと、急な坂スタジオ マンスリーアートカフェの合同開催となる本企画では、野毛の名店・村田家での「ざしき芝居」をコーディネートします。演目は、利賀演出家コンクール2007で優秀演出家賞を受賞するなど、今後の活躍が期待される若手演出家・岡田圓の一人芝居。終演後は舞台が一転、宴会場へ。静寂の中に人の心の弱さと強さを映し出す岡田作品の余韻にひたりつつ、村田家をはじめとした野毛名店の料理に舌鼓を打つ…
贅沢な観劇機会をお見逃しなく!


ざしき芝居『妖婆』
構成・演出・出演:岡田圓(花伝〔KADEN〕シアターカンパニー主宰/演出家)
【開催】2008年1月16日(水)
【開場】17時半~
【開演】18時~
【上演】約60分を予定。終了後アフター・トークあり。
【会場】村田家
【料金】1,000円(飲食費は別途)
■原作:芥川龍之介
■構成・演出・出演:岡田圓(花伝〔KADEN〕シアターカンパニー主宰/演出家)
■利賀演出家コンクール2007で優秀演出家賞を受賞。
日本的な様式美をベースに、強く、そしてしなやかな身体と声で物語りを紡ぎあげる手腕は若手演出家の中では秀逸。独自の美意識の追及に挑み続ける岡田圓による、ひとり芝居。
(上演時間は約60分を予定)


アフター・トーク
岡田圓(花伝〔KADEN〕シアターカンパニー主宰/演出家)×藤澤智晴(「村田家」店主)

トーク終了後、宴会あり *宴会参加費は別途必要となります。

【岡田圓 プロフィール】
芸歴20年。花伝[KADEN]シアターカンパニー主宰。大叔父に、舞台照明の草分である【故・小川昇】を持ち、幼少の頃から【故・初代水谷八重子】【島田正吾】先生等の舞台に影響を受け、徐々に古典芸能の世界へ…その後、テレビ、映画、舞台と多方面にて活躍。身体表現を織り交ぜた舞台創作を得意とし、3年間に亘り渡仏。フランスにて身体表現技術を磨く。近年に至っては、劇作、演出、舞台企画と創作活動も精力的に行っている。

【野毛まちなかキャンパス】
「横浜・野毛の商いと文化」をテーマとし、横浜商科大学のオリジナル講義として2007年10月よりスタートした野毛まちなかキャンパス。野毛地区内の施設を教室として使い、講師は野毛地区でさまざまな活動をしている人びとが担当します。野毛地区のガイド付きツアー、横浜における演芸の拠点「横浜にぎわい座」のバックステージツアーなど、座学だけではわからない街の実際や深い魅力を伝えてきました。

【会場】村田家
会場は急な坂スタジオではありません。ご注意下さい。
■住所 神奈川県横浜市中区野毛町2ー65
■TEL 045ー231ー3619
http://www.murataya.co.jp/03murataya.html

【ご予約・お問合せ】
ご予約は、お申込みフォームからhttp://kyunasaka.jp/m_cafe14.html あるいはお電話で承っております。
急な坂スタジオ 〒220-0032 横浜市西区老松町26-1 旧老松会館
tel 045-250-5388 fax 045-261-1300 Mail : toiawase@kyunasaka.jp

主催:野毛地区まちづくり会/横浜商科大学/急な坂スタジオ
助成:アサヒビール芸術文化財団
# by smacks | 2008-01-12 17:19 | ■横浜【急な坂スタジオ】

謹賀新年2008

昨年お世話になった皆さまへ、そして今年もお世話になる皆さまへ、
この場を借りまして、ご挨拶申し上げます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

今年の年末年始は、いつもにもまして「年末年始」感がない。昔はもっとお正月とか楽しみだったのにな・・・イヴェント感が少ないのは、普段イヴェント多すぎだから? 普段より届くメールが少ないのはうれしいけれど。実家で姪っ子甥っ子とともにゴロゴロ寝正月中。

昨年はとにかくいろいろなことを散らかして実験を試みた。
そのいくつかのことは十分な手ごたえを得て、
またいくつかのことはまだ道半ばにある。
今年の目標は、この道半ばの実験を淡々と続けることに尽きると思う。
もちろん、多くの人の協力を仰ぎながら。

あと個人的には以前に比べて更新率が猛烈に落ちてしまったブログをもう少し復活させていきたいということと、本を読む時間を増やしたい。

今年もどうぞよろしくお願い致します。
# by smacks | 2008-01-01 23:47 | ■その他もろもろ

師走

師走はめまぐるしく・・・
12月にはいろいろなことがあって、その状況は今も続いていて・・・

■Y-GSA×急な坂スタジオ リノベーションプロジェクト完成お披露目会

http://www.y-gsa.jp/studio/yamamoto/2007/12/post_9.html#more

とにかく完成までの道のりは長かったけれど、出来上がって、ほっとしました。皆さんにも喜んでいただける温かい空間になったと思います。実現してくれた、三人の学生(木戸くん、安士くん、岡田君)、指導してくださった助手の三浦さん、それを支えてくださった先生方とスタッフに深く感謝を。

■マンスリーアートカフェVol.13 「都市型アートフェスティバルの挑戦」

海外のパートナーであるクンステン・フェスティバルとフェスティバル・ドートンヌの各ディレクターを招いて、改めて彼らのフェスティバル運営面でのディテールを聞く機会になって、非常に参考になったけれど、なんだかあまりのリアリティの違いに若干落ち込んでしまったり。前提がとても違う。といっていても仕方がないし、結局のところこの日本で出来る方法をこれまでどうり探っていくしかないのだけれど。

思い返せばマンスリーアートカフェ、1周年たった。

=====

そして、この数ヶ月間内側で仕込んできた東京国際芸術祭2008も、ようやく外側に向って動き出した。今日はその記者懇談会も行って、印刷物も納品され、スタッフも集まり、ああまたTIFの季節だなあという感じ。
http://tif.anj.or.jp

物事を変えていくのは勇気がいるし、成果なんてすぐには出ない。だから、性急な答えを求める人たちにはその試みは失敗していると思われるし、自分自身も不安になる。でも、やっぱり変えていくしか未来はない。
# by smacks | 2007-12-21 01:58


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧