smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

新フェスティバル スタッフ募集

今、ベルリンに来ています。
テアタートレッフェンという、ドイツ語圏演劇年間ベスト10、みたいなノリのフェスティバルで、ひたすらドイツ語圏の演劇を見ています。なんというか、劇場という制度を維持するために芝居やっているようなものも多く・・・

新フェスティバルのスタッフを募集しています。
そろそろ締め切り間近です。ぜひご応募お待ちしています。

======
舞台芸術の祭典「東京国際芸術祭」は、行政機関等との連携のもと、
2009年より新たなフェスティバルへと生まれ変わります。
事業拡大に伴い、フェスティバルをともに運営する新規スタッフを
募集いたします。舞台芸術を中心としたフェスティバルではありますが、
演劇・ダンスに限らず、美術・建築・デザイン・編集・広報・宣伝・
マーケティング・語学など、さまざまな分野のスキルや、大胆な発想力、
コミュニケーション能力を持った多様な方々の応募をお待ちしております。

■ 業務内容
・ 舞台芸術を中心としたアート作品/プロジェクトの企画・制作
・ フェスティバル全般の広報・宣伝・営業
・ フェスティバルに関連する資料や出版物の執筆・編集・翻訳
・ その他、フェスティバル運営に関する業務全般

■ 募集人数: 若干名 

■ 契約期間: 2008年6月1日~2009年12月末
・ 勤務開始日は応相談。
・ 実績に応じて契約延長あり。

■ 待遇
・ 給与:年齢・経験・能力・勤務時間を考慮の上、優遇
・ 通勤交通費支給

■ 応募資格
年齢・性別・国籍問わず。実務経験者優遇。

■ 勤務地
東京都豊島区

■ 応募方法
下記書類をメールに添付し、toiawase@anj.or.jp まで送付してください。
メール件名に「フェスティバルスタッフ応募」と明記してください。

(1) 履歴書:下記よりダウンロードし、記入してください。 
   http://tif.anj.or.jp/resume.doc
(2) 小論文:以下のいずれかのテーマを選択し、A4用紙1枚以内で
   自由に表現してください。
テーマ1:私の人生を変えた作品とその理由
テーマ2:東京にはどんなフェスティバルが必要か
※お送りいただいた情報は選考以外の目的で使用することはありません。

■ 選考スケジュール
応募締め切り: 5月13日(火)
書類選考結果通知: 5月16日(金)
第一次面接: 5月18日(日)、5月19日(月)、予備日:予備日20日(火)
第一次面接結果通知: 5月22日(木)を予定
最終面接日: 5月23日(金)~25日(日)を予定
最終面接結果通知: 5月末日まで
勤務開始: 6月1日より順次

■ 問合せ先
〒170-0001 東京都豊島区西巣鴨4-9-1
NPO法人アートネットワーク・ジャパン
Tel:03-5961-5200 / Fax:03-5961-5207
担当:宮崎  toiawase@anj.or.jp
# by smacks | 2008-05-05 16:35

【告知】4月24日 アルゼンチンのアーティストトーク

念願が叶って、マリアーノ・ペンソッティ、マリアナ・ティランテという2人の
アルゼンチンのアーティストを横浜に招くことになりました。
9月からのレジデンスに向けて、まずは明日から、下見に来てもらっています。

サイトスペシフィック・パフォーマンスの可能性を探りながら、
横浜バージョンの制作に向けて、オーディション情報も公開します。

ぜひ、ご参加ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.マンスリー・アートカフェVol.17 4/24(木)開催決定!
  急な坂国際交流レジデンス事業プレトーク
  『"La Marea" ver.Yokohama』@ZAIM

  【ゲスト・スピーカー】
  マリアーノ・ペンソッティ(劇作家・演出家)
  マリアナ・ティランテ(舞台美術家)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

急な坂スタジオでは、サイトスペシフィックなパフォーマンス/インスタ
レーションで世界の注目を集めるアルゼンチンの新鋭アーティスト、マリ
アーノ・ペンソッティとマリアナ・ティランテを迎え、今年9月に予定され
ている横浜でのレジデンス創作および公演に向けたプレトークを行います。

都市のとあるストリートをまるごと劇的空間に見立て、9つものショートス
トーリーを同時に展開するパフォーマンス「ラ・マレア」。街中の集合住宅
全体を使い、フラットの部屋やキッチン、屋上にまで劇的状況を挿入してい
く「インテリオレス」。

これらの作品では、ありふれた日常に接続した空間が、匿名の人々の物語に
よって満たされ、フィクションと現実の境界を、観客と作品の関係性を、静
かに揺さぶっていきます。彼らのこうした試みは、ブエノスアイレスのみな
らず、世界中の諸都市にも飛び火し、大反響を巻き起こしてきました。

今回のカフェトークでは、これまでのプロジェクトの思想と実践をたどりな
がら、横浜でのレジデンス創作に向けたキックオフとなります。横浜バージ
ョン創作にあたって、日本人キャスト16名のオーディション情報も初公開予
定。お見逃しなく!

【ゲスト・スピーカー】
マリアーノ・ペンソッティ(劇作家・演出家)
マリアナ・ティランテ(舞台美術家)

■日時:4月24日(木) 19時オープン、19時30分スタート
■会場:ZAIM本館1階 ACYラウンジ
■アクセス:http://www.yaf.or.jp/artscommission/access.html
※みなとみらい線日本大通駅徒歩2分 JR・横浜市営地下鉄関内駅徒歩5分

■料金:1000円(1ドリンク付)
■ご予約:予約申込フォームはこちら→ http://kyunasaka.jp/m_cafe17.html
また、お電話でも承っております tel:045-250-5388

主催:急な坂スタジオ
共催:アーツコミッション・ヨコハマ
(財団法人横浜市芸術文化振興財団、横浜市開港150周年・創造都市事業本部)
助成:アサヒビール芸術文化振興財団、平成20年度文化庁国際芸術交流支援事業
# by smacks | 2008-04-19 01:15

【応募】新規フェスティバルスタッフ募集

気がつくと1ヶ月以上、ブログの更新せず、、
気がつくとひとつのフェスティバルが終わり、
新しいフェスティバルが始まろうとしています。

以下、新規スタッフ募集のお知らせです。
多くの方々のご応募をお待ちしています。

=============

舞台芸術の祭典「東京国際芸術祭」は、行政機関等との連携のもと、
2009年より新たなフェスティバルへと生まれ変わります。
事業拡大に伴い、フェスティバルをともに運営する新規スタッフを
募集いたします。舞台芸術を中心としたフェスティバルではありますが、
演劇・ダンスに限らず、美術・建築・デザイン・編集・広報・宣伝・
マーケティング・語学など、さまざまな分野のスキルや、大胆な発想力、
コミュニケーション能力を持った多様な方々の応募をお待ちしております。

■ 業務内容
・ 舞台芸術を中心としたアート作品/プロジェクトの企画・制作
・ フェスティバル全般の広報・宣伝・営業
・ フェスティバルに関連する資料や出版物の執筆・編集・翻訳
・ その他、フェスティバル運営に関する業務全般

■ 募集人数: 若干名 

■ 契約期間: 2008年6月1日~2009年12月末
・ 勤務開始日は応相談。
・ 実績に応じて契約延長あり。

■ 待遇
・ 給与:年齢・経験・能力・勤務時間を考慮の上、優遇
・ 通勤交通費支給

■ 応募資格
年齢・性別・国籍問わず。実務経験者優遇。

■ 勤務地
東京都豊島区

■ 応募方法
下記書類をメールに添付し、toiawase@anj.or.jp まで送付してください。
メール件名に「フェスティバルスタッフ応募」と明記してください。

(1) 履歴書:下記よりダウンロードし、記入してください。 
   http://tif.anj.or.jp/resume.doc
(2) 小論文:以下のいずれかのテーマを選択し、A4用紙1枚以内で
   自由に表現してください。
テーマ1:私の人生を変えた作品とその理由
テーマ2:東京にはどんなフェスティバルが必要か
※お送りいただいた情報は選考以外の目的で使用することはありません。

■ 選考スケジュール
応募締め切り: 5月13日(火)
書類選考結果通知: 5月16日(金)
第一次面接: 5月18日(日)、5月19日(月)、予備日:予備日20日(火)
第一次面接結果通知: 5月22日(木)を予定
最終面接日: 5月23日(金)~25日(日)を予定
最終面接結果通知: 5月末日まで
勤務開始: 6月1日より順次

■ 問合せ先
〒170-0001 東京都豊島区西巣鴨4-9-1
NPO法人アートネットワーク・ジャパン
Tel:03-5961-5200 / Fax:03-5961-5207
担当:宮崎  toiawase@anj.or.jp
# by smacks | 2008-04-19 01:10

活字になった

ずいぶん前にしたインタビューが活字になりました。
http://performingarts.jp/J/pre_interview/1.html

ものすごく長いですが、フェスティバルとは何か、という根本的な問いに対して、
誠実に答えてくれる、良いインタビューになったと思っています。

そして、日本の、小さなフェスティバルも、今開催中です。
# by smacks | 2008-03-08 02:29

アルゼンチン、いよいよ

半年前に行ってきたアルゼンチン。演劇が社会にとって、欠かすことのできないメディアであるアルゼンチンで生まれた現代演劇の作品が、こうして日本でも字幕つきで見られる機会自体、おそらく初めてのことだと思います。ぜひ、お運びください!

また、3月8日には早稲田大学のグローバルCOEとの共催により、TIFユニバーシティと題し、アーティストによるレクチャーも実施します。世界的アーティストによる、少人数・ゼミ形式の特別集中講義。3時間たっぷりなのに、無料という、太っ腹すぎる企画です。観劇とあわせてご来場ください。

===========

東京国際芸術祭2008海外演目 第一弾、『溺れる男』公演はいよいよ今週末からです!
地球の裏側アルゼンチンからやってくる、大胆なチェーホフ翻案劇。世界のフェスティバ
ルでも絶賛されてきた、演出家ダニエル・ベロネッセ作品、待望の初来日です。
3月8日(土)には演出家ダニエル・ベロネッセを迎えてのレクチャー、TIFユニバーシティ
も開催されます。公演とあわせてお楽しみ頂きたく、ご案内申し上げます。
また、フェスティバルの目玉、超お得なセット券は3月5日(水)18時を持ちまして販売終了
となります。お見逃し無く!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
アルゼンチン現代演劇の旗手ダニエル・ベロネッセによる、
衝撃のチェーホフ翻案。『三人姉妹』ならぬ三人兄弟?!
待望の日本初上陸!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

東京国際芸術祭2008海外招聘作品 http://tif.anj.or.jp/hombre/index.html
公演日:2008年3月6日(木)- 3月9日(日)
3月6日(木)19:30
3月7日(金)19:30★
3月8日(土)14:00/19:30
3月9日(日)15:00★
★終演後ポスト・パフォーマンス・トークあり

スペイン語上演、日本語字幕つき
上演時間:1時間30分 (休憩なし)
----------------------------------------------------------------
音楽や照明などを排除したシンプルな演出。日常との連続性をもった空間に、
演出家ベロネ ッセは、100年前の名作『三人姉妹』の登場人物の性別をすべて
入れ替え、女性軍人に囲まれて暮らす若い三人兄弟の生活を描き出す。仕事、
家庭、恋愛、些細な人間関係に振り回されてばかり。そんな日常の連続に「生き
続けること」の意味を問いかける、衝撃のチェーホフ翻案作品、待望の初来日!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
生身のアーティストと向き合える特別講義!
TIFユニバーシティVol. 1 ダニエル・ベロネッセ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

TIFユニバーシティは、早稲田大学演劇博物館グローバルCOEと東京国際芸
術祭(TIF)による共同プロジェクトです。TIFで来日中の世界的アーティストを
講師に迎えるゼミ形式のレクチャーです。第一回目はアルゼンチン演劇界の旗
手、ダニエル・ベロネッセ。創作の原点となる思想や社会における問題意識、作
品づくりの手法や実験について主要な作品・プロジェクトを題材に詳しく伺います。

■日程: 3月8日(土) 16時~19時 
■会場: にしすがも創造舎 1-1教室
■料金: 無料
■定員: 30名(先着順、定員に達し次第予約終了)
■言語: スペイン語(日本語による逐次通訳つき)
■ゲスト講師: ダニエル・ベロネッセ(演出家、劇作家)
■ナビゲーター: 野谷文昭氏(早稲田大学)
ダニエル・ベロネッセ プロフィールはこちら 
http://tif.anj.or.jp/hombre/hombre-profile/index.html
# by smacks | 2008-03-03 01:05

TIF3演目セット券 販売終了迫る!

いよいよ明日にはアルゼンチンのアーティストたちが来日します。

超お得な3演目セット券、販売終了まであと3日!! お急ぎください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆超お得な海外3演目セット券はあと1週間で発売終了です!
いろいろ観る、誘って来る。
海外3演目はセット券が断然お得!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おかげさまで今年の東京国際芸術祭は、2/21(木)のオープニング作品、
『着座するコブ』が大好評でスタートしました。
そして、毎年恒例のTIF名物、世界で最も注目される海外演目のスタートも
あと1週間に迫っています。

そこで、みなさまに大変お得なこの機会をぜひお見逃しないよう
TIFからのお知らせです。
今年はぜひみなさまにたくさん見ていただきたいという想いから、
セット券を設けました。

このセット券の特徴は、
1.前売限定(電話予約&ネットから)
2.3演目セット券なら、シングルで50%OFF、ペアなら66%OFF
3.シングル、ペア、学生の3種類から選択可能

という圧倒的なコスト・パフォーマンスにあります。

通常1演目4000円のところ・・・
★シングルセット券★
2演目 5000円(2500円/1枚)
3演目 6000円(2000円/1枚)

★★ペアセット券★★
1演目 5000円(2500円/1枚)
2演目 8000円(2000円/1枚)
3演目 10000円(1666円/1枚)

★学生セット券★
2演目 3000円(1500円/1枚)
3演目 4000円(1333円/1枚)

今年はこの3演目セット券が大好評です。
ただし、この3演目セット券の発売も、あと1週間で終了。
海外演目第一弾『溺れる男』がスタートする3/6の前日、
3/5(水)18時をもちまして締切ます。

最先端のアートシーンにこれ以上ないお得な値段で触れられるこの機会を、
ぜひご利用ください!

◆◆◆チケットのご購入はこちらから◆◆◆
インターネット http://tif.anj.or.jp/ticket/index.html
電話予約 ぷれいす:03-5468-8113(平日11:00-18:00)

*『ムネモパーク』+『アレコ』の2演目セット券は、
3月13日(木)の18時まで販売いたします。
# by smacks | 2008-03-02 15:04

【祝】TIF08開幕!

本日2月24日、第14回東京国際芸術祭が開幕いたしました。

オープニングを飾ったのは、今、演劇界で最注目の劇作家のひとり、京都出身の女性劇作家・演出家の山岡徳貴子による『着座するコブ』。

満員御礼の客席が、2時間という大作を固唾を呑みながら熱中する、素晴らしい新作公演となりました。山岡氏は今回の岸田戯曲賞の最終候補にも選ばれた、まさに気鋭の劇作家ですが、その勢いにさらに拍車をかける待望の新作です。ぜひ、お見逃しなく。

明日は川俣正氏を迎えたCamo-Cafeトークも開催します。いよいよTIFの季節、これから1ヶ月間、たくさんのアーティスト、出演者、スタッフ、そしてお客様との出会いや対話、そしてこれから先の展開についての議論が繰り広げられるかと思うと、本当にわくわくします。

ぜひ、お運びください。http://tif.anj.or.jp
# by smacks | 2008-02-21 23:28

TIF08 来週開幕です!

b0028579_1553438.jpg
今年の冬は寒い・・・・とくに我が家。家にいるだけで手足がかじかんできます。エアコンつけっぱなし&湯たんぽ&ホッカイロ、そして布団の中は電気毛布。。。しかし寒い。ぶるるる。

さて、そんな寒さの中、いよいよ東京国際芸術祭が開幕します。そして3月末に閉幕するころには、春がやってくるのでしょうか・・・ 

まず開幕公演は、いま最注目の劇作家・演出家、山岡徳貴子による新作『着座するコブ』。にしすがも創造舎で現在稽古中、いよいよ来週21日(木)に初日を迎えます。どんな作品が出来上がるのか、ぜひご注目ください。

また今回は、海外からの3演目については、複数演目見れば見るほど、またペアで来れば来るほど、過激に割引率が上がるという、超お得なセット券、ペア券をご用意しております。
これは、【前売り】のみの取り扱いですので、チケット予約は、どうぞお急ぎください!

http://tif.anj.or.jp


という、やや中途半端な宣伝を書いたところで、もうかじかんだ手が限界なので、お風呂に入ってきます。。。
# by smacks | 2008-02-14 01:54


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧