smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2009年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『ジゼル・ヴィエンヌ 2010年新作プロセスを語る』9/12(土)開催

すっかり秋っぽくなってきました。そして、すっかり現場臨戦モードに突入しています。
でも、そのほうが、気分的には楽だったりして。やっぱり現場楽しい。

土曜日に急な坂でトークがあります。
ジゼル・ヴィエンヌの新作トーク、ぜひ遊びにいらしてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
急な坂国際交流レジデンス事業 滞在制作レポート
『ジゼル・ヴィエンヌ 2010年新作プロセスを語る』9/12(土)開催
http://kyunasaka.jp/topics/events/cr2010gv.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
急な坂スタジオでは9月の約2週間にかけて、2010年に発表される
国際共同作品の滞在製作が行われています。その中心アーティストである
ジゼル・ヴィエンヌとコラボレーターたちを囲み、今回の製作プロセスや
これまでの作品を映像とともに紹介するカフェトークを開催します。

フランス国立高等人形劇芸術学校出身で振付家、演出家、造形作家と
多彩な顔を持つジゼル・ヴィエンヌ。2005年のアヴィニョン演劇祭において、
若くして2本の演出作品が公式プログラムで上演され好評を博しました。
自身が制作する精巧な人形と生身のパフォーマーが共存する舞台は
倒錯的な美と死に彩られ、タデウシュ・カントールをも彷彿とさせる作風は
ヨーロッパの演劇界において特異な存在感を放ち続けています。

2010年アヴィニョン演劇祭で初演後、東京など日本諸都市でも上演が
予定されている本作は、日本人の映像作家、高谷史郎(ダムタイプ)を
はじめとする日欧のアーティスト・音楽家たちとのコラボレーションの
果てにいかなる新境地を切り開くのか?
世界的クリエーションのプロセスに、ぜひお立ち会いください。

【ゲスト・スピーカー】
ジゼル・ヴィエンヌ(振付家・演出家・造形作家)
および本作に出演する音楽家、パフォーマーたち
【聞き手】相馬千秋(急な坂スタジオディレクター)

【日時】 2009年9月12日(土) 18時スタート
【料金】 入場無料(予約制)
【お申込み】http://kyunasaka.jp/CR2010GV.html
◆お申込み・詳細については、こちらから
http://kyunasaka.jp/topics/events/cr2010gv.html
ジゼル・ヴィエンヌ ウェブサイト http://www.g-v.fr/
--
by smacks | 2009-09-09 22:43 | ■横浜【急な坂スタジオ】


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧