smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

【告知】急な坂スタジオ1周年記念シンポジウム

アルカディのレジデンス成果発表会、無事終了しました。いらしてくださった皆さま、ありがとうございました。そして、アルカディ、コラボレーターのアーティストの皆さん、スタッフには、一緒に大きな冒険をしてくれたことに、深い感謝を。

それから、9月から開講中の急な坂ゼミナールも、毎回刺激的な時間となっている。昨日の「思想ゼミ」では、鷲田清一氏と岡田利規氏による対談形式の授業が実現。すごく充実した時間をすごさせてもらいました、と主催者ながら感激。

さて、次なるイヴェントは、急な坂スタジオ・オープン1周年記念のシンポジウムです。
いろいろと紆余曲折はありますが、今自分がこういう仕事をしているひとつの原点ともなっているリヨン市のアンヌ・グルメ氏の来日にあわせ、実現できることになりました。平日の微妙な時間の開催ですが、ぜひお越しください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.Yokohama Performing Arts Complex 日仏都市文化対話 <リヨン市×横浜市>
急な坂スタジオ オープン1周年記念 国際シンポジウム
「創造都市における国際舞台芸術フェスティバル」
http://kyunasaka.jp/topics/events/complex/

  ご予約はこちらから→ http://kyunasaka.jp/complex.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日時:2007年11月9日(金) 15時~17時30分 レセプション17時30分~
会場:急な坂スタジオ ホール
料金:無料 (レセプション参加費:1000円)
定員:100名
申込:予約申込フォームはこちら→  http://kyunasaka.jp/complex.html
また、お電話でも承っております tel:045-250-5388

急な坂スタジオが誕生して1年。文化創造都市を目指す横浜では、現代美術の祭典
「横浜トリエンナーレ」に続き、演劇やダンスなど舞台芸術の国際フェスティバルを開
催しようという機運が高まりをみせています。急な坂スタジオのオープン1周年を飾る
今回のシンポジウムでは、横浜から世界へ、舞台芸術の創造と発信を行う大規模な
国際フェスティバル開催に向けて、その意義や役割、事前の環境整備や仕組みづく
りについて、横浜市の姉妹都市でもあるフランス・リヨン市の文化政策とダンス・ビエ
ンナーレを例に市民とともに考えます。

■15時~15時10分 イントロダクション

■基調講演:
15時10分~15時30分「リヨン市の都市文化政策」
スピーカー:アンヌ・グルメ(リヨン市文化専門顧問)
「フルヴィエールの夜」、「光の祭典」など、歴史的建造物を大胆に活用したサイトス
ペシフィックなフェスティバルに加え、現代美術とダンスのビエンナーレが毎年交互
に開催されるなど、常にアートの祭典に賑わうリヨン市。ヨーロッパ屈指の創造都市
を貫く都市文化政策の理念と実践とは?

■事例報告:
15時30分~16時50分:
「舞台芸術フェスティバルの意義と役割~リヨン・ダンスビエンナーレを例に」
スピーカー:ギヨーム・ドゥベーズ (リヨン・ダンスビエンナーレ)
世界最先端の作品の創造・上演のみならず、市民コミュニティがグループ参加する
大パレードなど、市民参加型の仕掛けも充実するリヨン・ダンスビエンナーレ。なぜ
創造都市・リヨンにビエンナーレは必要なのか、その意義と展望を伺います。

■パネルディスカッション 16時~17時30分
創造都市の実現を目指す横浜市。現代美術の祭典「横浜トリエンナーレ」に続き、
舞台芸術の国際フェスティバルを横浜で開催するための環境整備や仕組みづくり
について、現場の実践者や行政関係者がそれぞれの立場から意見を交換し、そ
の展望を探ります。

パネリスト:
ギヨーム・ドゥベーズ (リヨン・ダンスビエンナーレ)
アンヌ・グルメ(リヨン市 文化専門顧問)
市村作知雄 (東京国際芸術祭 エグゼクティブ・ディレクター)
川口良一(横浜市開港150周年・創造都市事業本部長)
司会:加藤種男 (横浜市芸術文化振興財団 専務理事)

主催: 急な坂スタジオ/横浜市芸術文化振興財団
共催: 横浜市開港150周年・創造都市事業本部
協力: 横浜日仏学院
お問合せ: 急な坂スタジオ Tel. 045-250-5388 toiawase@kyunasaka.jp
by smacks | 2007-10-27 15:59 | ■横浜【急な坂スタジオ】

【告知】急な坂・国際交流レジデンス事業 公演決定!

いよいよ来週の水曜日と迫りました。

急な坂スタジオ初のアーティスト・イン・レジデンス事業の成果発表会です。舞台芸術分野のアーティスト・イン・レジデンスの形を、急な坂なりに考え、実践した結果を、ぜひご高覧ください。公演としても、面白いものになってくれると思います。日本側コラボレーターも豪華です!
b0028579_124257.jpg


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 急な坂スタジオ 国際交流レジデンス事業 Vol.1成果発表
   アルカディ・ザイデス『DA AT』開催決定!
   http://kyunasaka.jp/topics/mac/mac11/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新進気鋭のイスラエル人振付家アルカディ・ザイデスと日本人コラボレー
ターによる、一夜限りの「アダムとイブ」横浜バージョン。パフォーマン
スあり、インスタレーションあり。横浜・急な坂スタジオにて、都市景観
や地域資源、アーティストに触れて過ごした5週間にわたる滞在制作の成
果が、身体、映像、音となって共振する特別な瞬間、ぜひお見逃しなく!

~アダムとイブは知恵の実を食べ、楽園を追放された。
     人間はいつの日か、楽園を見出すことができるのだろうか。~
              
▼振付・演出:アルカディ・ザイデス
▼ドラマトゥルク:石橋源士
▼出演:アルカディ・ザイデス 岩渕貞太 福留麻里
▼映像:岡部友彦 福島慶介
▼音楽:川瀬浩介

▼日 時:10月24日(水) 19時開場 19時30分開演
▼会 場:横浜にぎわい座のげシャーレ
▼料金:1,000円 (要予約・代金は当日清算)
▼予約申込:以下のお申込フォームからご予約ください。
 http://kyunasaka.jp/m_cafe11.html
 また、お電話でも承っております tel:045-250-5388

┏━ DA AT (daat=知識:ヘブライ語) ━━━━━━━━━━━━┓

異なったエネルギーに満ちた空間を歩いてみる。女性的なものと男性
的なものの違いをよく観てみる。そして、この二つの共存のみが調和
に至ることを理解する。現在を理解するために原初に戻ってみる。
―「エデンの園」を巡り、イスラエルと日本のアーティストが繰り広
げる、あるコラボレーションの形。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

【同時開催】マンスリーアート・カフェvol.11
『アルカディ・ザイデス ポスト・パフォーマンス・トーク』
ゲスト・スピーカー:アルカディ・ザイデスほか出演者・スタッフ

※パフォーマンス終了後、今回の5週間の滞在・コラボレーションで巡っ
た軌跡を出演者・スタッフによるトークで綴ります。

コラボレーターのプロフィール等、詳細はHPをご覧下さい。
http://kyunasaka.jp/topics/mac/mac11/

お問合せ: 急な坂スタジオ Tel. 045-250-5388 toiawase@kyunasaka.jp
主催・企画・制作:急な坂スタジオ
共催:アーツコミッション・ヨコハマ(横浜市開港150周年・創造都市事業
本部、財団法人横浜市芸術文化振興財団)
助成:イスラエル外務省
企画協力:Dance and Media Japan

※本公演は、急な坂スタジオ・国際交流レジデンス事業の一環として、
  5週間におよぶ滞在制作の成果を発表するものです。
※本事業は、横浜市アーティスト・イン・レジデンス事業と、
  YOKOHAMA PERFORMING ARTS COMPLEX、の一環で行われています。
by smacks | 2007-10-20 01:22

ソウル出張②:IETMサテライト・ミーティング@ソウル

■ IETMサテライト・ミーティング

今回はお隣の韓国で開催、しかも来年3月には東京でもサテライト・ミーティングが開催されるということで、日本人の関係者の方も多くパネリストとして呼ばれていた模様。筆者は、ほとんどのイベントが終わり、残すはIETMの後半セッションのみ、という非常に悪いタイミングでしか行くことができず、つまりほとんど自分が出るセッションのためにソウルまで行ってきた状態になってしまった感があるが、それでもそれなりに収穫のあった会議になった。

毎度のことながら、苦手な英語でのスピーチ&ディスカッションで、またもや超・冷や汗ものでしたが・・・・他のパネルが行政系の人々で、とてもマクロな視点からクリエイティブ・シティを語ったのに対比する形で、急な坂というミクロな試みが横浜のクリエイティブ・シティの中でどのように生まれ、どのように位置づけられ、どこに向おうとしているのか、ということは、筆者の非常につたない英語でもそれなりに通じたようで、まあなんとかなったような気もする。そもそもIETMは、舞台芸術の現場の人間が集い、その問題意識を共有するために議論する場なので、あまりマクロなことを高段から話してもリアリティがないと糾弾されかねない雰囲気はあるし。以下、ご報告までその詳細。

セッション6: 「舞台芸術とクリエイティブ・シティ」
Session 6. Performing Arts and Cultural City

Moderator:
Benny Chia, Director, Fringe Club (Hong Kong)

Speakers:
a) Kab Soo Kim, Asia Cultural Hub City Project, Ministry of Cultures and Tourism (Korea)
b) Chiaki Soma, Director, Steep Slope Studio- Yokohama Creative City (Japan)
c) Pekka Timonen, Director, Culture for the City of Helsinki (Finland)
d) George Poussin, Chief, Section of Creative Industries for Developing, UNESCO

In this session, we will overview different cultural city projects in Asia and Europe comparing their differing roles, visions, motivations, and shaping and execution of the models. In the case of Asia, most of the cultural city projects are charged with both urban and cultural policies initiated by a city or state government, while the European Capital of Culture is perceived as a pan-European project focusing more on the cultural interchange in EU states. With this in mind, the session speakers from Asia present specific case studies of Gwangju and Yokohama, while speakers from Europe and UNESCO are invited to give comprehensive presentations on the European Capital of Culture and the UNESCO Creative City including their main characteristics, strengths and weaknesses of the past projects, and major achievements. The projects to be introduced through the session include the Asian Hub-City of Culture Project(Gwangju, Koea), the Creative City of Art and Culture(Yokohama, Japan), Culture for the City of Helsinki(Cultural Capital of Europe), and the Creativity City Project(UNESCO). Discussing and comparing each project, the participants will be able to not only exchange information on their projects but also build base for future partnership.


IETMのサテライト・ミーティング@アジアは、2005年のシンガポール、2006年の上海、2007年のソウルに続き、来年2008年3月には東京での開催が決まっている。国や状況は違えど、同じような問題意識を持った世界中の同業者にまた会えるのは、楽しみだ。(それにしても、英語苦手意識を何とかして克服したいものだ・・・)
by smacks | 2007-10-16 04:18 | ■アジア出張

ソウル出張①:KAMS ( Korea Arts Management Service)

2泊3日でソウルに出張に行ってきました。
今回は、IETMのサテライト・ミーティングでのパネルとして。

10月初旬の韓国は、これまでも数回レポートしたとおり、

- PAMS (Performing Arts Market of Seoul)
- SPAF (Seoul Performing Arts Festival)
- SI- Dance

など、フェスティバルやイベントが目白押し。


KAMS ( Korea Arts Management Service)

今回のIETMは、
KAMS ( Korea Arts Management Service)
という、韓国の文化観光省の傘下にある、民間の財団法人が現地コーディネーターとなっている。KAMSは2年前、いくつかの組織や機能が合体することで設立された機関で、主に、

- 韓国の舞台芸術の海外普及 (PAMSの開催、海外でのプレゼンテーション)
- アーツマネジメント系の人材の育成
- 文化政策シンクタンク (政府の文化事業の評価、研究など)

を行っている。日本に照らし合わせていうと、国際交流基金と芸団協と、民間シンクタンクの文化政策研究者が集まったような組織だろうか。

この組織のトップは、Lee Guy Seoug 氏。6年前にTIFの国際プログラムで日本に招聘した当時は、ソウル・フリンジ・フェスティバルの創設者兼ディレクターだった彼が、いまや総予算4億円の、政府直属の機関を設立し、その会長となった。まだ30代だが、32名の常勤職員を抱える組織のトップである。初めて知り合った当時から、明確なビジョンを持った努力家な人だったが、これだけの結果がついてくると、もはや政府も年配の関係者も納得せざる得ないのだろうと推察する。日本同様年功序列の韓国で、彼のような存在は、とにかく貴重だし、励みにもなる。ノ・ムヒョン大統領の時代がずいぶん文化全般に追い風にもなったようだが、とにかく現在の韓国では、少なくとも「文化政策」と呼ぶに値する、国家の意思と政策が、いくつかの具体的なプロジェクトとして実現してきているのを強く感じる。KAMSの誕生しかり、光州のアジア文化ハブシティ構想しかり。

ところで、テハンノにあるKAMSオフィスを拝見したが、ところ狭しと32名の机が並べられていた。スタッフのほとんどは20代から30代前半という。今回の出張では、何人もの国際部のスタッフやボランティア・スタッフにお世話になったが、その全員が、女の子、しかも、語学ばっちり系でした。お見事。いったい男子はどこに・・・ KAMSの32名の職員のうち、80パーセントは女性で、特に国際部は全員が女性だそうです。この業界、どこの組織のボスも「若くてかわいい語学のできる女子」が好きなのかもしれない。
by smacks | 2007-10-15 03:54 | ■アジア出張


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧