smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ

<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【告知】国際交流レジデンスのウェルカム・カフェ開催!

ブエノスアイレスから戻ってからというもの、だたばたと毎日が自転車操業状態・・・ですが、急な坂では海外からのレジデンスも迎え、賑やかな毎日です!
芸術の秋が到来、とにかく前進します。その第一弾として、国際交流レジデンス事業のウェルカム・カフェを開催します。ぜひぜひお越しください。
b0028579_22155540.jpg

===============================
急な坂国際交流レジデンス事業
アルカディ・ザイデス ウェルカム・トーク&作品上映!
===============================

急な坂スタジオの国際交流レジデンス事業により、9月19日から10月28日まで5週間にわたり横浜に滞在するアルカディ・ザイデス。毎月恒例のマンスリーアートカフェでは9月、10月と2回にわたり、振付家・ダンサーとして国際的に活躍するザイデスにフォーカスします。

ウェルカム・トークとなる今回のカフェでは、まずは自己紹介代わりにザイデスの過去主要作を一挙上映。また、これまでのバットシェバ舞踊団、ノア・ダール、ヤスミン・ゴデールらのとの創作活動も振り返り、世界でもダンス王国といわれるイスラエル・ダンス界に迫ります。

聞き手には、ザイデスの滞在中の「創作ラボ」(*)にコラボレーターとして参加するほうほう堂の福留麻里氏と、同じくドラマトゥルクを努める石橋源士氏。旧約聖書の国からザイデスが持ち寄る「アダムとイブ」というテーマに対して、横浜でのコラボレーションは、どんな化学反応を生み出すのでしょうか?

急な坂流、国際レジデンス・プログラムのビフォー&アフター、ぜひご注目ください!

■ゲストスピーカー:
アルカディ・ザイデス 振付家・ダンサー
石橋源士 ドラマトゥルク
福留麻里 振付家・ダンサー

■上映作品:
Solo Siento (ビデオ・ダンスバージョン) *特別提供:Dance and Media Japan
Adamdam (抜粋)

■アルカディ・ザイデス プロフィール
1979年ベラルーシ(旧ソビエト連邦)生まれ。90年にイスラエルに移住。1999年からバットシェバ・アンサンブル、2001年からバットシェバ舞踊団所属し、オハッド・ナハリン振付の作品に多数出演。2002年には、オハッド・ナハリンが考案した身体言語「Gaga」を教える。2004年にヤスミン・ゴデール振付「ストロベリー・クリームと火薬」(2006年東京国際芸術祭招聘作品)のクリエーションに参加、ダンサーとして重要な役割を果たす。2004年以降はインディペンデントの振付家として精力的に作品を制作・発表。バットシェバ舞踊団への振付作品「A WAY」、映像とのコラボレーション作品「Solo Siento」など。世界中のフェスティバルや劇場で公演活動を続けるほか、ワークショップやレクチャーでもその表現の幅を広げている。
http://arkadizaides.com

■日 時:
2007年9月29日(土)
17時カフェオープン 17時30分トーク開始

■会 場:
急な坂スタジオ
〒220-0032 横浜市西区老松町26-1 旧老松会館

■入場料:
1000円(1ドリンク付)

■ご予約
tel:045-250-5388 mail: toiawase@kyunasaka.jp
お電話あるいはメールで承っております。
メールでのお申込みは、件名を「マンスリーアートカフェ Vol.10予約申込み」として、お名前、ご連絡先、お申込み人数をご記入下さい。

主催:急な坂スタジオ
共催:横浜市開港150周年・創造都市事業本部
助成:アサヒビール芸術文化振興財団
協力:アーツコミッション・ヨコハマ イスラエル外務省/イスラエル大使館 Dance and Media Japan
by smacks | 2007-09-25 22:19 | ■横浜【急な坂スタジオ】

ブエノスアイレス出張③:ブエノスアイレス演劇祭

ブエノスアイレス演劇祭は、2年に1回開催される、南米最大のフェスティバルである。ブエノスアイレス市が主催という形をとっているが、フェスティバルを運営するチームは演劇のプロフェッショナルたちであり、アルゼンチンで演劇をやり続けてきた人々である。


▼ 海外プログラム

海外から招聘される10程度の演目は、いずれもヨーロッパで評判がいいものをちゃんといいタイミングで集めているなと同業者ながら感心した。何しろ2年に1度なので、評判が良いものをじっくり選ぶ時間があるのはいいことだ。何より、観客にヨーロッパの一流のものをちゃんとした形で見せたいという意思が、はっきりと伝わるセレクションで、分かりやすい。

今回はEnrique Diaz というブラジルの演出家の「ハムレット」、静岡で見逃したPippo Delbono の「沈黙」、そしてアヴィニョンで見逃した太陽劇団の「Ephemeres」を見た。

中でも太陽劇団は、圧倒的に素晴らしかった。個々人の人生を、あるいはその総体である社会を変える力が演劇にあるとすれば、こういう作品であり、こういう活動なのだろうと思った。そうした考えはもはや現在の世界ではまったく常識的ではないが、少なくともヌムーシュキンは、それを本気で信じ実践し続けている世界で数少ない演出家の一人であり、その「古くささ」がまったくマイナスにならないどころか、ますます強い説得力を持って見るものを包み込んでいく。そこには、ヌムーシュキンにしか生み出せない特別な時間の流れ方と、空間のマジックがあった。それは、圧倒的なものだった。
また太陽劇団を、初めて南米に招聘したディレクターのグラシエラさんは、「これで、私がやりたかったフェスティバルの目標は達成された。もう辞めてもいい」とまで言っていた。80人近い劇団員全員の移動、おびただしい量のステージセットと道具の輸送、巨大な特設劇場の設置など、どんなにお金があっても実現は厳しい太陽劇団の海外公演。それを待ちわびてきたアルゼンチンの観客と共有できたことは非常に幸運であり、一生心に残る観劇体験となった。


▼ フェスティバルとしての強いアイデンティティ

↓はいずれも、フェスティバル・センターのエントランス部。テクニカル・ディレクターを務めるマリアナさんという、30歳の女の子が手がけた空間デザイン。素敵。
b0028579_232474.jpg

b0028579_2325654.jpg

b0028579_233784.jpg


想像をはるかに超えて、ブエノスアイレス演劇祭は、フェスティバルとしての強いアイデンティティを確立し、独自のプロジェクトを展開する、素晴らしいフェスティバルであるということを発見した。経済的には決して豊かではないこの国において、巨大な展示場にフェスティバル・センターおよびオフィスを設営。フェスティバルとしてのセンター=中心を明確に空間として示し、そこに500人を超える人々を一度に収容し、アーティストによるナイト・プログラムをプロデュースするなど、毎晩朝の3時、4時まで大勢の若者や参加アーティストがあふれている。
b0028579_2315492.jpg

↑はローラ・アリアス演出のナイトイベント「カラオケ」! 
by smacks | 2007-09-20 02:28

ブエノスアイレス出張②:アルゼンチン演劇

今回の出張の目的は、ただひとつ。2年に一度開催される、南米随一の国際演劇祭であるブエノスアイレス演劇祭で紹介されているアルゼンチンの演劇作品を見ること。とにかく観まくった。一日平均4本、5日間で25本は見た。文字どおり、朝から晩まで、劇場で作品を観続ける生活。

▼ アルゼンチン演劇 

アルゼンチンの演劇状況は、ある意味、日本の演劇状況に近いものがあると思う。まず商業劇場があり、権威的な国立劇場がある一方で、いわゆる現代演劇の最先端を生み出し牽引しているのは、インディペンデントの劇団やアーティストたちである。彼らは創作活動以外の職業を持ち経済的には演劇に依存せず、作品を作り続けているという。その代表格が、スポルティヴォ・テアトラルという独立した劇団・劇場を持つ演出家リカルド・バルティス。そして、Periferico de los objetosというアーティスト集団で活動してきた40代のアーティストたちが、現在でもアルゼンチンの演劇シーンの核を形成している。現在、演劇を志しているほとんどの演出家や役者は、バルティスあるいはのアーティストたちのもとで学んでいるという。

b0028579_2254946.jpg

↑ Sportivo Theatral の本拠地 古い民家が劇場であり、舞台装置でもある。

▼ 国内プログラム

フェスティバルでは、国内の作品だけでも20作品は観た。ダンスは、全般的にデジャビュなテクニックや動き、テイストが目立ち、オリジナリティに欠けているという印象を受けた。それに対して演劇は役者のレベルが総じて非常に高かった。また、今回見た中ではサラ・ケインの「渇望」、イェリネックの「Bambiland」、そしてチェーホフの「ワーニャ伯父さん」の翻案など、既存戯曲に取り組みアーティストが少なくないようだ。残念ながら細かいドラマトゥルギーの展開などはスペイン語を解さない筆者には完全には把握できなかったが、ブエノスアイレスという、他の世界の演劇界からは遠く離れた地において、それぞれのアーティストが互いに刺激しあい、新しい実験が絶え間なく行われているのは強く感じることができた。

ちなみにフェスティバルの国内プログラムは20ほどの作品を紹介しているのだが、そのいずれもが、無料で観劇できる。そのためどの劇場も若者で満杯。この社会には、演劇のための場所が確実にあり、演劇を必要としている人々も確実にいるのだということがよく分かった。
これから数年かけて、TIFでは南米の演劇を紹介していくことになるだろう。その第一歩として、きわめて実り多い観劇体験ができたということだけは、ここに書いておきたい。その成果は、今後3~4年をかけて問いかけていきたい。

b0028579_2265051.jpg

↑ マリアーノ・ペンソッティ演出 「ディスコ」イベント
by smacks | 2007-09-19 02:24

アルゼンチン出張①:旅のはじめに

アルゼンチンから戻ってきました。忘れないうちに、数回に分けてちょっとレポートします。

■ 旅のはじめに

5泊8日・・・つまり機内で3泊するという厳しいスケジュール。しかもコンチネンタル航空でのトランジットはヒューストン、その名もジョージ・ブッシュ空港(!)で7時間待機。・・・個人的にとっても憂鬱なトランジットを含む30時間の旅程を経て、ようやく到着したアルゼンチンは・・・遠かった。そして、寒かった、つまり冬だった。雨が降り続き、滞在6日間の間に一度も太陽が顔を出さなかったという、南米とは思えない悪天候の日々。

そして、町並みは、30年くらい前のちょっと荒廃したヨーロッパの古い町並みのような趣。ホテルの部屋は、フランス時代に借りていたステューディオにそっくり。町全体が、ヨーロッパの深いノスタルジーに包まれている。人々の服装も、お店の看板も、カフェの内装も。かつてスペインやイタリアなどヨーロッパからの移民がほとんどで、普通に劇場にいると、別にヨーロッパとの違いを感じることはほとんどない。

が、やはり違うなと思うのは、道々を走る車がとても古い、排気ガスがすごい、トイレがあまりきれいではない、道にたくさんごみが落ちている、道路がちゃんと舗装されていないところが多い、電話が聞こえづらい、など、いわゆるインフラ系の問題が、時間を経るにしたがって見えてくることだろう。そして、物価は明らかに安い。空港まで1時間弱タクシーに乗って50ペソ=1500円くらいだから、本当に安い。


■ 旅の終わりに

▼ 語学の重要性 

声を大にして言いたい。やはり演劇を、そしてアートを職業にするのならば、最低でも母国語を除いて2ヶ国語くらいできるのは当たり前だということを。今回のフェスティバルには世界各国から30名近くの主要フェスティバル・ディレクターや劇場関係者が招待されて筆者と同じように観劇生活を送っていたが、彼らはほぼ全員英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語を理解するし、それらを相手によって切り替えながら話す。それほど流暢でなくても、話して相手を説得させるに十分なコミュニケーション能力がある。またフェスティバルのスタッフたちも、2~3ヶ国語は当たり前のように操っていて、もはや語学は大前提というか、できて当たり前の世界。逆に言えば、語学ができないのに外国の演劇やアートの世界で、本気の勝負するのは難しいということだ。アーティストであれば話は別だが、プロデューサーやキュレーターにとって、日本語以外の言語で自分のやろうとしていることを伝えられなければ、世界からは相手にされないということだ。アートが所詮、西洋が生み出したルールに従って動いている以上、西洋の言語を操ることができなければ、本質的な勝負は難しい。そのことを、アートの仕事を職業とする人は真剣に考えるべきだし、試練として乗り越えるべきだ。今回スペイン語ができずにちょっとだけ苦労をした私は、自戒を込めて、そのようなことを強く感じた。

▼ 肉
アルゼンチンといえば牛。と信じてきたのだが、何しろ忙しくて食事そのものをちゃんととる時間がない・・・毎晩夕食は深夜過ぎ。一日だけ午前中の打ち合わせが終わってから一人寂しく駆け込んだレストランで食べた、巨大なステーキ。これが、唯一の観光客らしい出来事でした。涙。
b0028579_2373421.jpg

by smacks | 2007-09-18 02:17 | ■クンステン・フェス05-06

buesos aires

i m now in buenos aires, Argentine. i see at least 4 or 5 performances par day... most of them are quite interesting and i enjoy them. actually benos aires is one of the most important cities in term of theatre ih the world. i m sure about it.

i will be back to tokyo on 19 sept in the afternoon. sorry for my absence since last monday.
by smacks | 2007-09-15 14:16


人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧