smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2月20日:横浜の15時間

今日は一日横浜DAY.9:00AM~00:00AMまで。
横浜のディープな人に沢山会い、沢山話し、沢山のことを考えた。

ひとつ思うことは、やはりポジティヴな見解を表明しながら、無駄なリスクは事前に回避しながら、思考を淡々と形にし、それを社会的にアウトプットするべく着地点を探ることの重要さ。

根拠のあるなしに関わらず、文句を言う人は多い。確かに100パーセントの了解、満足などあり得ない。けれどそれを凌駕するポジティブなヴィジョンが横浜には存在するから、今の横浜で仕事をさせていただいている、そういう意識を忘れてはいけないと思う。

まあ、そんなことを強く感じた一日だった。疲れたけど。
by smacks | 2007-02-20 01:44

【告知】中東シリーズ、あと1ヶ月と迫る

急な坂でのカフェも終わり、いよいよ1ヵ月後に迫ってきた中東シリーズに向けて、秒読み段階へと突入。

今チケットを予約すると、DVDが当たるかもです!ぜひお急ぎ下さい!
b0028579_0562382.jpg


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■国際芸術祭2007 中東シリーズのご案内 http://tif.anj.or.jp

◆ファミリア・プロダクション(チュニジア)
◆ラビア・ムルエ(レバノン)
◆東京国際芸術祭×UPLINK共同企画
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京国際芸術祭2007では、レバノンの鬼才ラビア・ムルエの新作・世界初演、
そしてチュニジアの巨匠ファーデル・ジャイビの最新作をお送りします。
アラブ演劇の創世記を築いたジャイビと、演劇表現の新たな地平を探る新世代
ムルエ。中東・アラブ世界を代表するアーティストが東京で投げかける作品は、
日本のみならず世界の大きな期待と注目が寄せられています。
ぜひこの機会にお運び下さい。

■DVD抽選プレゼント実施中!<2月15日~から2月28日まで>
対象期間に公演チケットをインターネットからご予約頂いた方の中から
抽選で10名様に、アーティスト作品集DVDプレゼント!
http://tif.anj.or.jp/index.html 

■アーティスト作品集 ウェブ公開中!
アーティストの過去作映像がウェブ上でご覧いただけます。
http://tif.anj.or.jp/movie/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ファミリア・プロダクション(チュニジア)『囚われの身体たち』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日程:3月15日(木)~3月18日(日)
会場:にしすがも創造舎特設劇場
http://tif.anj.or.jp/program/familia.html

2005年『ジュヌン―狂気』で日本の観客を圧倒したアラブ演劇の巨匠、
ファーデル・ジャイビによる衝撃の最新作。
9.11以降イスラーム世界で進行する若者のイスラーム回帰現象と、
世界中に蔓延する若者たちのアイデンティティ危機を鋭く示唆する。
照明と音楽によって緻密に練り上げられた美しい舞台空間の中に、
演劇の原点を問うような、身体とことばの圧倒的な存在感が光る。
06年パリ・オデオン座での世界初演で大絶賛を浴びた話題作!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ラビア・ムルエ(レバノン)
『これがぜんぶエイプリルフールだったなら、とナンシーは』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日程:3月23日(金)~3月27日(火)
会場:にしすがも創造舎
http://tif.anj.or.jp/program/rabia.html

検閲すれすれの挑発と絶妙のユーモアで、自らの生きるレバノン社会の
傷と矛盾を執拗に表象・解体し、その虚構性を鋭く批判するラビア・ムルエ。
そこに残される芸術の可能性とは何か?共同体に生きる「個人」の役割とは?
2006年夏の悪夢を経てベイルートから世界に撃ち放たれる待望の新作は、
刻一刻と変化するレバノン情勢を反映しながら、個人と社会の
「物語=歴史」が交錯する場となるだろう。新作・世界初演!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■東京国際芸術祭×UPLINK共同企画第1弾!
レバノンの鬼才アーティスト、ラビア・ムルエ特集
─ アラブ世界随一のアートカルチャー誌『ZAWAYA』編集長
  ピエール・アビザーブ氏をナビゲーターに迎えて ─
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日時:3月17日(土) 14:30~17:00
会場:アップリンク・ファクトリー
http://www.uplink.co.jp/factory/log/001843.php

ラビア・ムルエのパフォーマンス秘蔵映像に加え、アラブ圏随一の
マルチジャンル・アート専門雑誌ZAWAYA編集長、ピエール・アブザーブ氏
による解説つきトーク。かつて中東のパリと呼ばれたアラブ経済・文化の
中心地ベイルートから、内戦や度重なる危機を経て社会に充満するアートの
熱い胎動を、映像とトークでリアルにお伝えします!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●発 行:NPO法人アートネットワーク・ジャパン(ANJ)
URL:http://anj.or.jp
●お問合せ:170-0001 東京都豊島区西巣鴨4-9-1 旧朝日中学校
TEL:03-5961-5200(ANJ)/5202(TIF)FAX:03-5961-5207
tif@anj.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by smacks | 2007-02-20 00:57 | ■TIF07-レバノン

【告知】明日急な坂カフェ「卒業したらどうしよう・・・」

いよいよ明日です。ぜひお越し下さい。
--------------------------------------------------------------------------------
急な坂スタジオ マンスリーアートカフェ Vol.3 2007-02
「卒業したらどうしよう・・・」 
芸術教育リハビリテーション?
日時:2007年2月17日(土) 19時30分スタート
--------------------------------------------------------------------------------
 
受験&卒業シーズンの2月カフェでは、現行の芸術教育を敢えて疑うユニークな授業
を実践する二人の先生をお招きし、芸術教育とアーティストの雇用の問題を考えます。

統計によると、現在全国の芸術系大学の総在学者数は7万人を超え(全体の2.4パーセ
ント)、毎年約1.5万人あまりの大学生が入学・卒業しています。増え続ける芸術系
大学と学生数。しかし現実には、大学で学んだことを生かした仕事に就ける確率は低
く、毎年多くのアート系フリーター、アート系ニートも増加しています。また演劇・
舞踊分野では、専門的な実践教育と理論教育を併設し、多様化する舞台芸術創造の現
場に対応した大学はほとんどなく、学校がプロの演出家や振付家を輩出するという前
提そのものが成立していないのが現状です。

演出家や振付家にはどうしたらなれるのか? 役者やダンサーはどこで教育を受けら
れるのか? そもそもアートは職業として成立するのか?

アートで食べること、アーティストの雇用を巡る課題・問題を、敢えて教育の現場か
ら明るく告発します!

■スピーカー■
ゲストスピーカー:
熊倉敬聡(慶応義塾大学教授)
市村作知雄(東京芸術大学助教授)
ホストスピーカー:
相馬千秋(急な坂スタジオ ディレクター)

■ドリンクメニュー■
熊倉スペシャル 「ポーランドのおもいで」(ソフト/ストロング)
市村スペシャル 「中国のおもいで」 
----------------------------------------------------
開催概要
▼日 時:2007年2月17日(土)
19時カフェオープン 19時30分トーク開始
▼会 場:
横浜アートプラットフォーム 急な坂スタジオ
〒220-0032 横浜市西区老松町26-1 旧老松会館
▼入場料:1000円(1ドリンク付)
toiawase@kyunasaka.jp
by smacks | 2007-02-16 20:59 | ■横浜【急な坂スタジオ】

【経済】ユーロ高、拍車かかる

「円が対ユーロで最安値、G7での円安言及回避で=欧州外為市場」by Yahoo ニュース。

輸出産業のひとはいいけれど、TIFはじめ、ひろくアートの輸入産業で働く筆者には、哀し過ぎるお知らせ。

「ユーロ/円は0.13%高の1ユーロ=158.45円で推移。一時は過去最高値の159円を付けた。」「RBCキャピタルマーケッツの通貨ストラテジストは「G7共同声明で円安について言及されなかったことで、キャリートレードが再び活発化している」と指摘。ユーロ/円が今後3─6カ月で1ユーロ=165円まで上昇すると予想している。」

かつて筆者は、1フランが20円未満のフランスに暮らしていた。カフェで飲むエスプレッソ1杯はどんなに高いパリのカフェでも15フランだったから、300円程度。当時からユーロ導入に向けてフランとユーロが併記されていたけれど、それでも2ユーロとかだった気が。2001年にユーロが導入されてもしばらくは、1ユーロ=90円台~100円くらいで、まあ普通に買い物は単純に100倍すればいいか、という感覚でいた。そんなヨーロッパでの経済感覚がとても染み付いているため、仕事を始めてから出張に行っても、そんな感覚で買い物をしてしまう。

しかしいまや、ユーロは筆者の金銭感覚のほぼ2倍近くになっている。いまや平均的なパリのカフェで1杯3ユーロのエスプレッソが、480円。6ユーロのカフェ・オ・レを一杯飲んだら、960円。そして夕食で25ユーロのコースを選んだものなら、4000円。地下鉄の初乗りだって200円を軽く超えるし、アヴィニョン演劇祭やパリ市立劇場の定価チケット21ユーロは3360円となり、もはや日本と変わらない。かつては25歳以下の半額割引で250フラン=5000円くらいで移動できたパリ-リヨン間が、いまや片道100ユーロ=1万6000円か。。。。

もう、私費でヨーロッパに行くのは自殺行為かも。あー、こんなことならユーロで貯金しておけば良かった・・・(とはいえ当時はそんなお金もなかったけど)これまでの金銭感覚のままヨーロッパに行っていたら、間違いなく破産する。

そして、海外招聘公演の公演料は・・・実際の想定金額の1・5倍増し。1年前に申請した助成金じゃもう足りませんよ。。。ますますアート経営者の首を絞めるユーロ高。なんとかして欲しい。
by smacks | 2007-02-13 01:20 | ■その他もろもろ

【再告知】急な坂スタジオ・レジデント・アーティスト公募〆切迫る!

急な坂スタジオ、4人目のレジデント・アーティストの公募〆切が
あと数日後に迫りました。
ぜひ、沢山の方々のご応募をお待ちしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
急な坂スタジオ レジデント・アーティスト応募要項
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.目的
急な坂スタジオでは、岡田利規、矢内原美邦、中野成樹につづく4人目のレジデント・アーティストを公募します。横浜から世界へ質の高い舞台芸術を発信することを目指し、世界を舞台に活躍するアーティストが一つの稽古場に集まることで、互いに刺激しあう有機的なアーティスト・コミュニティが形成されることを狙いとしています。レジデント・アーティストは、急な坂スタジオで優先的な稽古場利用が認められる一方で、公開稽古やワークショップ等を通じて、彼らの次世代のアーティストの育成や、地域・市民との交流も積極的に行なうこと、急な坂スタジオでの主催事業への参加が求められます。

2.レジデント対象期間2007年4月1日~2009年3月31日

3.募集対象・人数アーティスト/1名(国籍不問)

4.応募条件
a)舞台芸術の分野で活動しているアーティスト
b)急な坂スタジオの主催事業(ワークショップ・アーティストトーク・交流教育プログラム・稽古場公開など)に積極的に参加できること
c)英語あるいは日本語によるコミュニケーションが可能なこと

5.応募方法
受付期間:2007年1月4日~2月15日  結果通知:2007年3月15日
※決定は、発送を持って替えさせていただきます。

6.応募書類
応募申請書(写真貼付)
映像資料(DVDもしくはVHS)
* 主要作品のフルスケール映像1本 ※必須
* その他、作品の抜粋映像を1本にまとめたもの ※合計2本まで
過去の公演のチラシ・パンフレット 各1部ずつ

7.選考および通知
提出された資料をもとに急な坂スタジオのスタッフおよびレジデント・アーティストにて選考・決定されます。
※尚、申請内容の確認のため急な坂スタジオよりお問合せさせて頂く場合もございます。

8.レジデント・アーティストに対する支援内容
・急な坂スタジオは、レジデンス対象期間における制作場所として、当館施設を優先的に無償で貸与します。(スタジオ利用における長期専有には限りがあります)
・制作・広報協力(具体的にはアーティストへのヒアリングを通じて内容を決定していきます)

9.レジデント・アーティストとしての活動内容
【活動内容】
アーティストはレジデンス対象期間における作品制作を原則として当館にて行い、当館の主催事業への積極的な参加が必須となります。
【活動記録】
急な坂スタジオは、本プログラムにおけるアーティストの作品および活動を写真・ビデオで記録します。アーティストは上記記録のためご協力下さい。制作された作品の著作権は、全てアーティスト本人に帰属しますが、当館が記録した写真・映像等の著作権および公益に資する広報宣伝のためにそれらを使用する権利は当館に帰属するものとします。また、当館および当館の了承を受けたものはこれらを全て無償で使用できるものとします。

要項および応募用紙は下記の通り。ダウンロードの上ご使用下さい。
 ※ 応募締切 2007年2月15日(金)必着

⇒『募集要項』http://kyunasaka.jp/ra_applicationguidelines.doc
⇒『応募用紙』http://kyunasaka.jp/ra_applicationform.doc
 ※ pdf版もございます
by smacks | 2007-02-12 01:33 | ■横浜【急な坂スタジオ】

【食】ビストロ・プレザン in 駒込

駒込のお手軽フレンチ情報、第二弾。

先述した駒込の隠れた名店フー・クレールにランチに行こうとしたが電話をすると予約でいっぱいとのこと。そこで、自転車通勤路に気になっていた駒込高級住宅街に隣接するビストロ・プレザンへ。http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/17265.html

ランチは1800円のコースだったけれど、それなりに合格点。前菜の海の幸のサラダは、ちょっとソースにも素材にもインパクトがなくて残念。でも、メインの鴨肉のローストは、あっさりながらも素材の味がちゃんと引き立っていて、ボリュームもあっておいしかった。デザートやコーヒーもついてこの値段だから、満足。

店は、外観はイマイチといえばイマイチなのだけれど、内装はちゃんとしていて、それに客層が近くの有閑マダムたち(しかも結構高齢)が主流で、とても落ち着ける雰囲気。

うん、また気軽に来たいなと思ったのだけれど、店員さんいわく、もうこの2月で店じまいをしてしまうとのこと。非常に残念。ネットで検索したら、「最近味が落ちた」との批評コメントを発見してしまったので、この界隈の人たちはかなり以前からこのビストロに通い、支えてきたことを知る。

それにしても最近、偶然にも駒込界隈でおいしいor おいしそうなカジュアル・フレンチのレストランを多数発見したので、それを一つ一つしらみつぶしにしていくことが、最近の最大の楽しみになりつつあります。

関連ブログなど 
by smacks | 2007-02-11 23:38 | ■その他もろもろ

【プレゼント】中東アーティスト作品集DVDプレゼント!

いよいよ中東シリーズ公演も、あと1ヶ月と迫ってきました。

ここ10日の間に、
・チラシ完成
・プロモーション用のDVDも作成
・そのウェブバージョンをアップ
という、充実の宣伝体制が整った。

どれも、個人的にとても気に入っています。デザインから映像編集、そして何度とない校正・修正まで、それぞれの高度な技術で臨戦体制に臨んでくれた、大勢のスタッフに深い感謝を。

b0028579_3475383.gif

b0028579_348387.gif

ぜひぜひこの機会に、チケットお求めください。このDVD、作成枚数も少なく販売予定もないので、かなりのお宝ものです!
by smacks | 2007-02-09 03:40 | ■TIF07-レバノン

【報告】ラビア・ムルエ講演会:完全データ版

b0028579_3581074.jpg

(c)松嶋浩平

12月末に開催した、レバノンのアーティスト、ラビア・ムルエの講演会、その全容をようやくテキストデータにすることができました。テープおこし、原稿チェック、そしてウェブアップに関わってくれた若くて優秀なスタッフに、大感謝。

完全データ版は、こちらのTIFウェブポケットでご覧頂けます。

あの異常なテンションと臨場感、ユーモアのセンスは、活字では伝わらないかも知れないけれど・・・でも、ものすごく貴重な記録です。ぜひ観劇の一助になさってください。
by smacks | 2007-02-08 03:52 | ■TIF07-レバノン

2月6日:入国管理局、野毛山動物園

今日は小春日和。個人的な展開としては、実に不思議な一日。

まず朝、毎年恒例、海外招聘アーティストのビザ申請のため、品川の入国管理局へ。申請用のフォーマットが最近変更になったらしく、一部書き直ししたりで若干とらぶったものの、なんとか無事提出。毎年、なんかかんかでトラブル発生するなあ。。。基本的に何度トライしても相性の悪いもののひとつ。鬼門? 天敵?

その後、急な坂へ・・・あまりの天気の良さに、ふらりと坂の上の野毛山動物園へ。ノーアポなのに園長さんに会うことができ、さらに園長さんに園内を案内していただくという贅沢な展開。この園長さんが素晴らしく面白い方で、どうぶつたちの視点(本能?)から人間界をばっさりと斬る、傑作でためになる話をたくさん拝聴する。最近、個人的に癒し系動物がブームなので、ますますわくわく。レッサーパンダ、へび、キリン、孔雀(放し飼い)、かめ、サル、アムールトラ、などなど。動物園と急な坂を連携させる楽しい企画が、いろいろと頭に浮かぶ。わくわく。

野毛山動物園はこちらから。なんといっても、無料で楽しめます!
by smacks | 2007-02-07 03:21 | ■横浜【急な坂スタジオ】

【動物】ZAIM経由の癒しパンダ画像

今日は横浜ZAIMでのショーケース参加のため、半日横浜。
その後、西巣鴨でTIF。
いろいろと伝えたいこともあるのだけれど、何しろデジカメがまた壊れて、写真が撮れない。

そんな中、ZAIMのオフィスに凄い可愛い写真がはられているのを発見!スタッフのAさんに、こんな素敵な癒し画像をおすそ分けしてもらいました!
とりあえず理性ではない部分で萌えられる、こういうものこそが、救いです。かなり本気で。

b0028579_2332560.jpg
b0028579_23322128.jpg
b0028579_23323049.jpg

by smacks | 2007-02-03 23:39 | ■その他もろもろ


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧