smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

【感想】1月29日:最近見た舞台とか

最近はTIFやら横浜やらで忙しくてなかなか舞台を観にいくことができない。そもそも2月~3月の年度末にかけては、助成金を年度内に消化するため、鬼のような勢いで日本全国に公演やアートイベントが乱立している。当然、自分自身もそれに加担しているため、自分の現場を抱えて他の主催者がやっている作品を観ることができない。この、日本の文化行政の限界があからさまに露呈される、ジレンマの年度末がいよいよやってきた。

そのうち、年が明けてから観た二つの海外招聘公演について。

1)シディ・ラルビ×アクラン・カーン「ゼロ度」@さいたま芸術劇場
2005年秋のパリで観たときは心震えるほど感動した作品。その作品としてのよさはもちろん健在なのだけれど・・・舞台が遠かった。やっぱりソロやデュオであの客席の遠さは、なんとかならないものか・・・極個人的な感想。その後久々にラルビと再会。

2)ジョゼフ・ナジ「ASOBU」@世田谷パブリック・シアター
まず企画そのものがチャレンジングで素晴らしいと思った。アヴィニョン初演、オルレアン国立センターやパリ市立劇場などヨーロッパのイニシアティブと、世田谷PTとの共同製作。多国籍ダンサーによる制作プロセス。制作後のツアースケジュールもばっちり。まさにヨーロッパのスタンダードを遵守したプロの仕事だ。アウトプットの精度が、さすが日本が誇る公共劇場だなあとしみじみ。ついで、作品も面白かった。ナジの踊る姿をはじめてみた。

3)おまけ レバノンのPOPS&CLASSIC@アップリンク・ファクトリー
これ、すごかった。ウード奏者の常味裕司さん、パーカッショニストの立岩潤三さんのライブ、すごかった。日本にもこんなにアラブ音楽演奏家がいるんですね。

これから2月~3月にかけては、絶対観なきゃという作品が多いにも関わらず、おそらくどれも観にいけない結果に終わると思う。まあ仕方がない。そもそも、自分たちのフェスティバルでやっている演目だって、自分の担当の現場と重なって観られないものも多い。
by smacks | 2007-01-30 01:11

【募集】急な坂、アルバイト求む!

急な坂スタジオでは、下記の通りアルバイト・スタッフを募集いたします。

=========================
▼ 急な坂スタジオとは?
=========================
急な坂スタジオは横浜市との協働のもと、NPO法人アートネットワーク・ジャパンと
NPO法人STスポット横浜が共同事業体として管理・運営を行う、公設民営の
文化施設です。


『急な坂スタジオ 4つのキーワード』
⇒ http://kyunasaka.jp/about_kyunasaka/index.html

『運営団体について』
⇒ http://kyunasaka.jp/about_us/index.html

=============================
▼ アルバイト・スタッフ募集概要
=============================
急な坂スタジオの管理・運営業務を通して、よりよい文化施設作りを行なっていただける方を募集いたします!舞台芸術の創造拠点(稽古場)としてアーティストや制作者、地域の人々が集うアートセンターを一緒に支えてみませんか。


業務内容:
①館の管理運営に関する基本業務(受付、電話応対、施錠、点検など)
②館の主催する各種事業のアシスタント業務(制作・広報など)


雇用形態:アルバイト
待  遇:時給900円~1000円(研修期間あり)、
      交通費全額支給、ANJ・ST主催イベント優待
期  間:2007年2月から6ヶ月以上
勤 務 地:急な坂スタジオ(JR桜木町駅徒歩10分、京浜急行線日ノ出町駅徒歩5分)


勤務日時:週1日~応相談【平日】17:00~22:00 ※シフト制(応相談) 
募集人数:若干名


応募条件:
○18歳以上(高校生不可)
○責任を持って館の管理・運営(施錠・点検等)を行なって頂ける方
○横浜市内に在住の方、長期でシフトに入れる方を歓迎いたします。
○舞台関係の制作・技術スタッフ経験者歓迎いたします。

===================
▼ 応募方法
===================
履歴書・顔写真付職務経歴書に勤務開始可能日を記入の上、
下記担当者までご郵送ください。


応募〆切:1月31日(水)必着
==================
〒220-0032 横浜市西区老松町26-1
急な坂スタジオ 担当:及位(のぞき)
==================
・応募書類は返却いたしませんので、予めご了承ください。
・書類選考の結果をメールにてご連絡いたします。
 履歴書には必ずメールアドレスをご記入ください。(携帯不可)
 →書類選考実施後、書類選考通過者に対し面接を行います。


===================
▼ お問い合わせ先
===================
横浜アートプラットフォーム:急な坂スタジオ
〒220-0032 横浜市西区老松町26-1
Tel:045-250-5388 toiawase@kyunasaka.jp
http://kyunasaka.jp 担当:及位(のぞき)
by smacks | 2007-01-29 21:00 | ■横浜【急な坂スタジオ】

【告知】次回急な坂カフェ「卒業したらどうしよう・・・」

次回の急な坂マンスリーカフェのお知らせです。

この壮絶なタイトルは、某・急な坂スタッフの魂の叫びから誕生しました・・・あは。
かくいう筆者も、つい数年前までは同様の不安をかかえて生きていたので、今回は積年の思いを、建設的な展望にシフトするような議論に発展させることができればと思っています。きっと多くの方々の深い共感を呼ぶであろうこの古典的なテーマを、まずはもう一度テーブルの上に上げて考えるきっかけにできればと幸いです。ぜひご参加下さい。

スペシャル・ドリンクも期待してください。

--------------------------------------------------------------------------------
急な坂スタジオ マンスリーアートカフェ Vol.3 2007-02

「卒業したらどうしよう・・・」 
芸術教育リハビリテーション?
b0028579_1485573.gif

(↑今回のイメージキャラクター? 壮絶なタイトルを考案した某スタッフがデザインしました)
 
市村作知雄(東京芸術大学助教授)×熊倉敬聡(慶応義塾大学教授)
日時:2007年2月17日(土) 19時30分スタート
--------------------------------------------------------------------------------
 
受験&卒業シーズンの2月カフェでは、現行の芸術教育を敢えて疑うユニークな授業
を実践する二人の先生をお招きし、芸術教育とアーティストの雇用の問題を考えます。

統計によると、現在全国の芸術系大学の総在学者数は7万人を超え(全体の2.4パーセ
ント)、毎年約1.5万人あまりの大学生が入学・卒業しています。増え続ける芸術系
大学と学生数。しかし現実には、大学で学んだことを生かした仕事に就ける確率は低
く、毎年多くのアート系フリーター、アート系ニートも増加しています。また演劇・
舞踊分野では、専門的な実践教育と理論教育を併設し、多様化する舞台芸術創造の現
場に対応した大学はほとんどなく、学校がプロの演出家や振付家を輩出するという前
提そのものが成立していないのが現状です。

演出家や振付家にはどうしたらなれるのか? 役者やダンサーはどこで教育を受けら
れるのか? そもそもアートは職業として成立するのか?

アートで食べること、アーティストの雇用を巡る課題・問題を、敢えて教育の現場か
ら明るく告発します!

■スピーカー■
ゲストスピーカー:
熊倉敬聡(慶応義塾大学教授)
市村作知雄(東京芸術大学助教授)
ホストスピーカー:
相馬千秋(急な坂スタジオ ディレクター)

■ドリンクメニュー■
熊倉スペシャル 「ポーランドのおもいで」(ソフト/ストロング)
市村スペシャル 「中国のおもいで」 
----------------------------------------------------
開催概要
▼日 時:2007年2月17日(土)
19時カフェオープン 19時30分トーク開始
▼会 場:
横浜アートプラットフォーム 急な坂スタジオ
〒220-0032 横浜市西区老松町26-1 旧老松会館
▼入場料:1000円(1ドリンク付)
toiawase@kyunasaka.jp
by smacks | 2007-01-25 20:40

【お勧め】駒込のフレンチ

自宅から徒歩圏内に、素晴らしいフレンチのレストランを発見!
その名も、「Le Feu Clair ル・フークレール」
b0028579_21502963.jpg


パリのビストロを思わせるこじんまりとした美しいたたずまい、若いシェフ&奥様(だと思う)のサービス、信じられないほど安いランチのコストパフォーマンス、そして何より料理のクオリティに脱帽。

ランチは1300円のコースで、手の込んだ前菜とメインが食べられる。そして300円で本格的においしいデザートが、200円でちゃんとしたカフェがプラスできるという充実ぶり。こんなコストで大丈夫かと老婆心ながら心配になってしまうほど、おいしく、かつ安い。

これは久々に、直球でストライクゾーンに入ったレストランでした。営業時間が限られているけれど、ちゃんと予定を組んでいく価値のあるレストランです。週末のゆっくりとしたランチに最適の環境&内容。

こちらのブログに非常に詳しい情報あり。http://mocamoca.com/harablog/archives/2006/06/post_334.html
その他レストラン情報はこちらから。http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/300475.html
by smacks | 2007-01-22 21:53 | ■その他もろもろ

【告知】スレイマン・アルバッサーム RSC公演決定!

昨年TIFでも新作を披露してくれたクウェートの演出家、スレイマン・アルッサームが、今度はイギリスのロイヤル・シェークスピア・カンパニー(RSC)の招聘演出家として、アラブ人俳優を起用したリチャード3世公演を行うことになった。その宣伝。

この時期にイギリス、ヨーロッパにいらっしゃる方はぜひ。

b0028579_21162635.jpg

by smacks | 2007-01-21 21:13 | ■TIF06-クウェート

【告知】1月17日急な坂マンスリーアートカフェVol.2

いよいよ1週間後に迫りました。
第2弾は、レジデント・アーティストの中野成樹さんと、STスポット館長の加藤弓奈さんによるトーク。楽しみ!
ぜひ、お気軽にいらしてください。急な坂は、今年もがんばります。

--------------------------------------------------------------------------------
「いま、こんなことしたいんだよね。」
~チェーホフ・ラップの準備とか~
熊谷保宏(日本大学芸術学部演劇学科助教授)×中野成樹(中野成樹+フランケンズ)

日時:2007年1月17日(水)19時カフェオープン 19時30分トーク開始
会場:横浜アートプラットフォーム 急な坂スタジオ 1階ラウンジ
--------------------------------------------------------------------------------

 第2回は、急な坂スタジオレジデント・アーティストである中野成樹が、「いま、したいこと」について、ゲストとともに心置きなく語ります。

 既存の海外戯曲をテキストに、原作のストーリーを守りつつも自由に脚色し、音楽性あふれる構成とシンプルな美術により、「まったくの古典でありつつも、まったくの現代劇」を創り上げる、中野成樹。その手法をみずから誤意訳と呼び、翻訳劇の新たな可能性を切りひらいています。そんな「コトバ」や「音」に、じっくり耳を澄ます中野が今、一番、興味のあることとは・・・「チェーホフをさ……ラップにしたいんだよね。ストーリーなぞってもいいし、戯曲分析の結果をやってもいい。」 それって一体……?

 ゲストは、中野が師とあおぐ日本大学芸術学部演劇学科助教授の熊谷保宏氏。専門は演劇教育ですが、その発想や授業内容は自由かつ独創的!今は学生たちによるコントバトルを企画中。熊谷氏の「いま、したいこと」もご紹介しつつ、双方がそのアイディアにさらなるアイディアを重ねていきます。


 混沌の毎日をちょっとした思いつきで切り取って、とことんトークしていただきましょう。
 今宵は、チェーホフにちなんでウォッカで酔うのもいいのでは?


■スピーカー■
ゲストスピーカー:
熊谷保宏(日本大学芸術学部演劇学科助教授)
中野成樹(中野成樹+フランケンズ)
ホストスピーカー:加藤弓奈(STスポット 館長)

■ドリンクメニュー■
ウォッカ(スペシャル・メニュー)、ワイン、ビール、ソフトドリンク

▼入場料:1000円(1ドリンク付)
▼申込方法:お申し込みフォームはこちら
by smacks | 2007-01-10 01:01

【記録】面白かった展覧会

単なる記録・防備録。

面白かった展覧会:

ビル・ヴィオラ「はつゆめ」展@森美術館

伊藤豊雄「建築/新しいリアル」展@オペラシティギャラリー

畠山直哉展@神奈川県立近代美術館
by smacks | 2007-01-09 03:25 | ■美術系

【告知】急な坂スタジオ・レジデント・アーティスト公募

急な坂スタジオで、4人目のレジデント・アーティストの公募を開始しました。
ぜひ多くの方々にご応募いただければ幸いです。

以下、ご自由にご転送・ご転載ください。


================

急な坂スタジオでは、岡田利規、矢内原美邦、中野成樹につづく4人目のレジデント・アーティストを公募いたします。

横浜から世界へ質の高い舞台芸術を発信することを目指し、世界を舞台に活躍するアーティストが一つの稽古場に集まることで、互いに刺激しあう有機的なアーティスト・コミュニティが形成されることを狙いとしています。

レジデント・アーティストは、急な坂スタジオで優先的な稽古場利用が認められる一方で、公開稽古やワークショップ等を通じて、彼らの次世代のアーティストの育成や、地域・市民との交流も積極的に行なうこと、急な坂スタジオでの主催事業への参加が求め られます。


要項および応募用紙は下記の通り。ダウンロードの上ご使用下さい。(※応募締切 2007年2月15日必着)

================

急な坂スタジオ レジデント・アーティスト応募要項

1.目的
急な坂スタジオでは、岡田利規、矢内原美邦、中野成樹につづく4人目のレジデント・アーティストを公募します。横浜から世界へ質の高い舞台芸術を発信することを目指し、世界を舞台に活躍するアーティストが一つの稽古場に集まることで、互いに刺激しあう有機的なアーティスト・コミュニティが形成されることを狙いとしています。レジデント・アーティストは、急な坂スタジオで優先的な稽古場利用が認められる一方で、公開稽古やワークショップ等を通じて、彼らの次世代のアーティストの育成や、地域・市民との交流も積極的に行なうこと、急な坂スタジオでの主催事業への参加が求められます。

2.レジデント対象期間2007年4月1日~2009年3月31日

3.募集対象・人数アーティスト/1名(国籍不問)

4.応募条件
a)舞台芸術の分野で活動しているアーティスト
b)急な坂スタジオの主催事業(ワークショップ・アーティストトーク・交流教育プログラム・稽古場公開など)に積極的に参加できること
c)英語あるいは日本語によるコミュニケーションが可能なこと

5.応募方法
受付期間:2007年1月4日~2月15日  結果通知:2007年3月15日
※決定は、発送を持って替えさせていただきます。

6.応募書類
応募申請書(写真貼付)
映像資料(DVDもしくはVHS)
* 主要作品のフルスケール映像1本 ※必須
* その他、作品の抜粋映像を1本にまとめたもの ※合計2本まで
過去の公演のチラシ・パンフレット 各1部ずつ

7.選考および通知
提出された資料をもとに急な坂スタジオのスタッフおよびレジデント・アーティストにて選考・決定されます。
※尚、申請内容の確認のため急な坂スタジオよりお問合せさせて頂く場合もございます。

8.レジデント・アーティストに対する支援内容
・急な坂スタジオは、レジデンス対象期間における制作場所として、当館施設を優先的に無償で貸与します。(スタジオ利用における長期専有には限りがあります)
・制作・広報協力(具体的にはアーティストへのヒアリングを通じて内容を決定していきます)

9.レジデント・アーティストとしての活動内容
【活動内容】
アーティストはレジデンス対象期間における作品制作を原則として当館にて行い、当館の主催事業への積極的な参加が必須となります。
【活動記録】
急な坂スタジオは、本プログラムにおけるアーティストの作品および活動を写真・ビデオで記録します。アーティストは上記記録のためご協力下さい。制作された作品の著作権は、全てアーティスト本人に帰属しますが、当館が記録した写真・映像等の著作権および公益に資する広報宣伝のためにそれらを使用する権利は当館に帰属するものとします。また、当館および当館の了承を受けたものはこれらを全て無償で使用できるものとします。

応募用紙はこちらからダウンロード →
by smacks | 2007-01-06 17:57 | ■横浜【急な坂スタジオ】

1月2日:謹賀新年

謹賀新年。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

今年のお正月も、実家で寝正月。正月くらいは何もせず、家族とだらだら。そして、姪っ子の悪魔のような可愛い我侭に振り回される大人たちの一人を演じつつ。

今年は2007年。どきりとする数字になった。ずっと先のことかと思っていたら、案外あっさりと2010年も射程圏内に入ってしまった感あり。

そんな2007年の目標は。うーん。
一言でシンプルに言うと、「体勢を整える」、でしょうか。

その志をまずはひとつ形にしようと、新年早々、壊れかけていた携帯電話の機種変更を行う。買った機種はモトローラ製のFOMA、F702iS。これは国際ローミングもでき、FOMA同士のテレビ電話もできる優れモノ。デザインもなかなかに良い。

結局両親もそれぞれ同時にFOMAに機種変更して、家族中でテレビ電話の実験にあけくれる。画質はイマイチだけれど、家族間では楽しいオモチャであることは間違いない。

近所の池に集まった白鳥と鴨を見に、姪っ子と。
b0028579_0495975.jpg


今年もどうぞよろしくお願い致します。
by smacks | 2007-01-02 23:18 | ■その他もろもろ


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧