smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

【告知】急な坂マンスリーカフェ「チェルフィッチュの世界的超感染力」

これから毎月急な坂スタジオでマンスリー・カフェをやります。
その記念すべき第一回の情報です。

なかなか良いタイトルが思いつかず、3晩寝かせて出てきたタイトル。
なかなか気に入っております。

年末のお忙しい時期かと思いますが、ぜひともご参加ください。
ヒューガルデン(ベルギーの白ビール)で忘年会!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■急な坂スタジオ マンスリーアートカフェ Vol.1 2006-12 開催決定!

世界のフェスティバルディレクターが斬る!
「チェルフィッチュの世界的超感染力」

岡田利規(チェルフィッチュ)×クリストフ・スラフマイルダー

日時:2006年12月18日(月)19時オープン
会場:横浜アートプラットフォーム 急な坂スタジオ1階 ラウンジ
http://kyunasaka.jp/projects/project_archive/post_12/
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
急な坂スタジオ マンスリーアートカフェ Vol.1

10月23日にオープンした横浜・急な坂スタジオにて、毎月1回、
レジデント・アーティストとその仲間たちが大集合するアートカフェ、オープン!
思考のキャッチボールから新しい表現の実験まで。
ドリンクを片手に、アートと社会、日本と世界についての対話を通じて、
新しいアートコミュニティの創出を目指します。

記念すべき第一回のゲストには、ベルギーのクンステン・フェスティバルの若き新
ディレクター、スラフマイルダー氏を迎えます。世界各地から若手アーティストを
いち早く発掘、最先鋭のプログラミングで世界のアート界のアンテナ・フェスティ
バルとも称されるクンステン。
これまで日本から招待されたのはダムタイプ、勅使河原三郎だけ。
そして長年のブランクを経て、急な坂スタジオのレジデント・アーティストでもあ
るチェルフィッチュ・岡田利規の「三月の5日間」が、次回のフェスティバルに招待
され、大きな期待が寄せられています。

クンステン・ディレクターが見る岡田作品の欧州感染力はいかに?
そもそも岡田戯曲はいかに外国語に翻訳可能なのか?
新国立劇場で公演中の新作「エンジョイ」に描かれる日本と世界の若者の姿とは?

などなど、同世代のアーティストとフェスティバル・ディレクターの本音トークから、
舞台芸術の世界的な現象をしつこく語り尽くすカフェナイト。ぜひご参加下さい!

■スピーカー■
ゲストスピーカー:
クリストフ・スラフマイルダー(クンステン・フェスティバル芸術監督)
岡田利規(チェルフィッチュ)
ホストスピーカー:
相馬千秋(急な坂スタジオ ディレクター)

■ドリンクメニュー■
ヒューガルデン(ベルギー産白ビール)など

----------------------------------------------------
開催概要

▼日 時:2006年12月18日(月)
19時カフェオープン 19時30分トーク開始 

▼会 場:
横浜アートプラットフォーム 急な坂スタジオ
〒220-0032 横浜市西区老松町26-1 旧老松会館

▼入場料:1000円(1ドリンク付)

▼申込方法:お申し込みフォームからご予約ください。
お申し込みフォームはこちら
http://kyunasaka.jp/m_cafe.html

*定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにご予約下さい。
また、ご予約なしで当日いらっしゃるお客様にはお席をご案内できない
場合がございますので、必ず事前にご予約いただきますようお願い致します。

▼お問合せ:
横浜アートプラットフォーム:急な坂スタジオ
tel 045-250-5388 / fax 045-261-1300
http://kyunasaka.jp
toiawase@kyunasaka.jp
by smacks | 2006-11-29 00:42 | ■横浜【急な坂スタジオ】

11月27日:地獄と天国

自業自得による不幸は続く。。。

えー。朝起きたら、フライトの時間8時30分の45分前だった。その事実を理解してから10分後、すごい格好&形相で、タクシーを拾って空港まで一直線。最初は運転手さんもだいぶ急いでくれたが、途中で「お客さん、あきらめてください」と念を押された。。。そして空港に到着する一歩手前で、飛び立つJALの機体が視界をさえぎっていった。がーん。

基本的に、フライト時間の45分前に起床してしまった時点で諦めるのが当然といえば当然なのだけれど。なぜか今日は、絶対に間に合うと信じてやまなかったのだが、その読みは完全に外れた。というか、ホテルから空港までかかる時間を分かってなかっただけか。。。

JALのカウンターに行って、飛行機乗り遅れた旨を正直に申し出るまでもなく、名前呼ばれていたらしい。。。払い戻しも振り替えもきかないため、30分後出発のANA便をその場で購入。タクシー代1万円、そして航空券代3万1000円、合計4万円以上。

自業自得とはいえ・・・・痛すぎる。ああ、もはや自分という生き物にあまり信頼がおけなくなってきた。とうとう人生で初めて、飛行機に乗り遅れたショックで、しばし猛烈に落ち込む。信じても救われないことってあるんだ。。。

温泉に入った後に、あまりに気持ちよく、ぐっすり眠ってしまったのが凶だったようだ。目覚ましなんてまったく気がつかず。

度重なる自業自得で、もう意識朦朧で山手線に乗っていたのに、気がつくとなぜか王子駅。間違って京浜東北線に乗っていたらしい。さすがにここまでくると、人に迷惑をかけず怪我をせずにとりあえず自宅に戻ることだけに全力を尽くす。

そんな状態で、なんとかオフィスに到着することには、あまりに悲惨な自分の状況がおかしく、笑いが止まらなくなった。ネタとして面白いじゃん、自分。

と、そのとき。

自分のPCにささっている、USBフラッシュメモリーを発見!!!!!
絶対にかばんに入れたと思っていたUSBメモリーが、そこにあるではないですか!!

これは・・・もしや小人の仕業? ううう、きっと羽田空港から、筆者のあまりの不幸を見るにみかねて、運んできてくれたに違いないです。

良かったです。

皆さん、この数日、いろいろとご心配をおかけしました。たくさんの励ましのメールやメッセージ、ありがとうございました。でも、こんなオチで本当にごめんなさい!!! 

(一応弁明もすると、オフィスのPCにささっていないかどうかは、一応スタッフに確認してもらっていたのですが、あまりにメモリースティックが小さすぎて、見えなかったらしいとのこと。でも、それもきっと小人の仕業なのでしょう。)
by smacks | 2006-11-27 01:11 | ■アートマネジメント関連

11月26日:アートNPOフォーラム in 別府 無事終了

アートNPOフォーラム in 別府 無事終了。

磯崎新設計のB-con Plaza はなかなかかっこよい建物で、そんな建物の国際会議場の、しかも壇上から話すのには一瞬ひるんだが。パネリストが3人、「若い女性」というだけで褒められるのは、なんだかなーと思ったが。

全体的に、非常によいフォーラムだったと思う。特に最後のセッションの全体ミーティングは、司会の芹沢さんの素晴らしい司会で、途切れることなく、よい意見が飛び交った。今回のアートNPOフォーラムを含む一連の別府の動きを仕掛けたBeppu Project の方々の「思惑」どうり(?)、参加者は相当本気で別府という固有の地域の問題を考えながら、NPO、アート、という切り口から、社会におけるアートの役割について考え、実際の行動を起こす方法論から着地点までを話し合った。自分自身にとって非常に切実な問題も、程度皆に共有してもらえたように思う。このアートNPOフォーラムは、行動を起こすためのプロセスとして存在していることを、今回のフォーラムほど参加者が深く感じたことはないのではないだろうか。

またスタッフワークもとても素晴らしく。事務局長が大学4年生、その他スタッフも、学生が深く関わっているのには驚いた。もちろんそれを支えた大人たちの存在と志の高さは言うまでもないだろう。お疲れ様でした。

朝の2時すぎまで打ち上げで盛り上がり、ホテルの屋上の露天風呂にゆっくりつかって、別府の夜は終わった。
by smacks | 2006-11-26 23:56 | ■アートマネジメント関連

11月25日:別府の猫たち

アートNPOフォーラム in 別府。第2日目。

昨日の失態で、失意のあまり。。。
空港やJALに何度問い合わせても、何も発見されず。。。ううう。

昼食をはさんで行われた町歩きプロジェクト。鉄輪温泉という、別府市内でも最もディープでホットな温泉地帯を案内されつつも、失意のあまり、現実逃避。

で、猫がたくさんいたので、写真をたくさん撮りました。そうしたらバッテリーがなくなり、別府で撮った写真は猫だけになってしまった。

まあいっか。

b0028579_23935.jpg

b0028579_2391235.jpg

ちょっとナマイキな子猫。
b0028579_2392050.jpg

しっぽが・・・!
b0028579_2435591.jpg

次の瞬間には猫顔が。。
b0028579_2393857.jpg

猪のようなヤツも。太りすぎてハマっている!
b0028579_2401167.jpg

b0028579_2401930.jpg

b0028579_2402744.jpg

b0028579_2403427.jpg

このへんはもう「萌え~」の世界。

ちなみにこの子猫たちは、由緒正しい血統を持つ、温泉街の捨て猫らしい。
突然民家から現れたおばさんが、やつらをべちん、べちんとたたきながら追いやっているので、新手の動物虐待か!と思ったら、温泉業者から水をぶっかけられないようにちゃんと自宅にかくまってあげているらしい。。。が、どうみても、むんず、とわしづかみ。。。
b0028579_248280.jpg


足元から地熱でホカホカの別府。猫がいて、足が冷えない別府は、いいところです。
by smacks | 2006-11-25 02:33 | ■アートマネジメント関連

11月24日:せっかく別府なのに、最低なことが起こった

別府です。

せっかくの温泉つき出張にも関わらず、涙も枯れはてるほどの、悲惨な気分。

いくつかの不幸な出来事が重なって、結局は自業自得の、最悪の事態に陥っている。

西巣鴨のオフィスから羽田へ、かなりギリギリな時間帯に出発するも、巣鴨で山手線が動かない。5分待って、あきらめて都営三田線にきりかえ、三田から京急線で羽田についたときには、すでに最終コール。なにしろ最終便だし、変更のきかないチケットだし。なんとかゲートにたどり着き、バスに乗り込んだときには、もう走りすぎて呆然自失状態。間に合った嬉しさに浸りながらもほとんど意識なし。と、機体へむかってバスが走り出した瞬間、隣の席においていたかばんが横転。中に入っていた、もろもろの小物が床にぶちまけられてしまった。

あー、恥ずかしいと思いながらも回収し、機内に乗り込んで、しばらく。
そろそろパソコンでも開いて仕事をしようかと、かばんの中に入れたはずの、フラッシュメモリーをとりだそうと思うが・・・・ない。

どこを探してもない。

たかがフラッシュ・メモリー。しかし、その中に、この2-3週間に作りためたすべてのファイル、しかもどこにもバックアップしていないファイルが、入っているのだ。。。。

さらに。昨日猛烈な勢いで書いた、30枚にも及ぶとある調査のペーパーにいたっては、本当に、まったくバックアップがない。あのフラッシュメモリーの中以外に、あのデータはこの世に存在しないのだ。さらに、あのデータは、明後日までにどうしても必要なのである。

この事実に気がついた時点で、具合が悪くなって、もう別府とか、温泉とかいう気分ではなくなった。

あー、またしても最低な出来事。
しかも今回は99パーセント自分のせい。

不幸中の幸いで、データはないけれど、プリントアウトした紙はあるから、ひたすらタイピングすれば復元は可能だけれど。

それにしても、この2-3週間に作成した、ほぼすべてのファイルが消えたという事実には、われながら、死にたい気分になった。

そんな別府の夜。

みなさん。大切なデータは毎日バックアップとりましょう。
by smacks | 2006-11-24 03:20 | ■その他もろもろ

11月20日:野毛の名店・村田屋

今月はブログ更新率最低を更新中。。。

急な坂スタジオでの一連のオープニング事業が終わり、一息つく間もなく、膨大な申請書作成やら、TIF07の潜伏化の仕込みやら、どれもまだ先の未来のことのように見えながら今言語化しなければならない多くの事柄を抱え。。。いろんなことは猛烈な勢いで動いているものの、目に見える行動は起こせない、辛抱の1ヶ月。仕込み、また仕込む毎日だったりする。

まあそれはそれとして、心温まることもある。今日は急な坂でのMTG後、チームの皆と野毛の有名店「村田屋」にて、いわしのつみれ鍋と日本酒(熱燗)の宴。心身ともに温まる初冬の一夜でした。野毛にお越しの方はぜひ一度ご訪問してみてください。
by smacks | 2006-11-20 02:36 | ■横浜【急な坂スタジオ】

【告知】全国アートNPOフォーラムin別府

事務局からのSOS?に呼応して、宣伝させていただきます。
ぜひ別府で温泉三昧のフォーラム、一緒に堪能しましょう。

[アートNPOフォーラムin別府]     ~きちょくれ別府!~
                     http://arts-npo.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
来月11月24~26日にかけて全国アートNPOフォーラムin別府を開催いたします。
この度の別府フォーラムでは、フォーラム以外にも以下の4つのアートプロジェ
クトを展開します。
1)今回のフォーラムに併せて宮島達男が別府市のために構想した新作展
  「Counter Voice in the Earth」
2)JCDNによる「踊りに行くぜ!! Vol7 別府公演」
  http://www.jcdn.org
3)大分県内で活動する若手アーティストが市内の路地を舞台に展開する公募展
  「ストリートプロジェクト’06」
4)太宰府で活動するCATと別府大学とのコラボレーションで行う
  「Small Villageプロジェクト’06」
詳しくはBEPPU PROJECTのホームページ(http://www.beppuproject.com)
を、ぜひチェックしてみてください。

みなさまと湯のまち別府、フォーラム会場でお会いできるのを心から楽しみにし
ております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[概要|全国アートNPOフォーラム in 別府]
              Turning Point
「アートでまちを、新しいアートのあり方と未来を、市民とともに考える。」
────────────────────────────────────
これまでの全国でのアートNPO活動を総括し、別府のまちにアートNPOの潮流
を紹介する。また、全国のアートNPOが特定の地域で協働する具体的な仕組み作
りの提言を行い、市民のゆるやかな 持続的ネットワークの形成を目指します。
主催のNPO法人 BEPPU PROJECTが、2008年に予定するNPO(市民)主導の大
型国際現代芸術フェスティバルの開催実現に向け、国内のさまざまな団体と、地
域や分野を超えて協働するための布石とします。
────────────────────────────────────
日  時:2006年11月24日(金)18:00~19:45
           25日(土)10:00~18:00
           26日(日)10:00~16:00 
場  所:24日 ホテルニューツルタ
     25日 別府観光港第3ふ頭関西汽船2F(別府市汐見町9-1)
         鉄輪(かんなわ)地区まち歩き
         竹瓦温泉2F 元町公民館(別府市元町16-23)
         ※25日は時間によって移動します
     26日 B-Con PLAZA国際会議室(別府市山の手町12-1)
参加費 :三日券 4,800円(学割3,800円)
     二日券 3,500円(学割2,700円)
     一日券 2,000円(学割1,500円)
     ※予約受付中
申込方法:メールまたはファックス、郵送に下記を記入のうえ申込。
     [記入事項]1)お名前 2)ご所属 3)住所 4)電話番号
           5)メールアドレス 6)参加日
           7)まち歩きナビゲートの参加(する・しない)
           8)地獄蒸し昼食の予約(する・しない)
           9)地元団体との交流会(25日)参加(する・しない)
           ※7~9は、別料金のプログラムです
     [申込先]NPO法人BEPPU PROJECT
          E-mail info@beppuproject.com
          FAX 0977-22-3560
          〒874-0931 別府市西野口町6-29
問合せ先:NPO法人BEPPU PROJECT
     TEL 0977-22-3560  E-mail info@beppuproject.com ────────────────────────────────────
プログラム:
【11月24日 18:00~19:45】
18:00~19:45 オープニングセッション「なぜ、いまアートNPOか?」
        会場:ホテルニューツルタ
        パネリスト:佐東範一(NPO法人アートNPOリンク)
              山出淳也(NPO法人BEPPU PROJECT)
        モデレーター:甲斐賢治(NPO法人remo、NPO法人recip)
20:00~22:00 ウェルカムパーティー

【11月25日 10:00~18:00】
10:00~11:30 Stage 1「アートで地域は変わったのか?」
        会場:別府観光港第3ふ頭関西汽船2F
        パネリスト:小見純一(前橋芸術週間)
              三澤章
                (NPO法人 あおもりNPOサポートセンター)
        モデレーター:下山浩一
                (NPO法人 コミュニティアート・ふなばし)
12:30~15:00 Stage 2 まち歩き「まちに宿る力」
        まち歩き:鉄輪(かんなわ)地区一帯
        ※専用バスで移動します。
        <要予約:地元NPOによるまち歩きナビゲート 700円>
        <要予約:地獄蒸し昼食(温泉の蒸気で蒸した料理)1,300円>
16:00~18:00 Stage 3「多文化共生へ」
        会場:竹瓦温泉2F 元町公民館
        パネリスト:加藤種男(アサヒビール芸術文化財団)
              鶴田浩一郎(NPO法人 ハットウ・オンパク/
                           ホテルニューツルタ)
        モデレーター:荻原康子(社団法人企業メセナ協議会)
        <要予約:地元まちづくり団体等との交流懇談会 3,000円>
        <要予約:路地裏散策 参加費500円>

【11月26日 10:00~16:00】
10:00~16:00 「恊働する未来へのビジョン」
        会場:B-Con PLAZA国際会議室
        ※このセッションは第一部と第二部に分かれます。
10:00~11:30 第一部「未来へのビジョン」
        パネリスト:大場陽子(作曲家/
                 GOTEN GOTEN湯治祭参加アーティスト)
              相馬千秋(NPO法人 アートネットワーク・ジャパン)
              やまぐちくにこ(NPO法人淡路島アートセンター)
        モデレーター:芹沢高志(P3 art and environment)
13:00~16:00 第二部「2008年に向けて」
        来場者全員参加
        司会進行:芹沢高志
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主 催:NPO法人アートNPOリンク
    NPO法人BEPPU PROJECT
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by smacks | 2006-11-14 01:43 | ■アートマネジメント関連

11月6日:やっとひといき

4日のシンポジウム、無事終了。問題の論点と今後の課題がきちんと浮き彫りになる、シンポジウムらしいシンポジウムになって、主催者としてはとても満足している。お忙しい中百戦錬磨の知的職人っぷりを発揮してエキサイティングな議論を仕掛けてくれたパネリストの皆さんに、また温かい応援と激励で支えてくれた横浜市の方々に、そして着実にしてクリエイティブな仕事っぷりでシンポジウムを形にしてくれたスタッフの皆に、深い感謝を。
b0028579_1371258.jpg


とはいえシンポジウムは所詮シンポジウムでしかない。シンポジウムで話したことは、大体1-2年後くらいに何か形にしてこそ、シンポジウムの意味があるので、これからが問われるところ。頭で考えていることを公に共有するいい機会であったことに、満足してはならない。

助成金申請をめぐる怒涛の第一波も去りつつあり・・・今日はレバノンのアーティスト、ラビア・ムルエから待ちに待ったプロポーザルも届き、ああ、人生捨てたもんじゃないと、束の間の幸せに浸った。人生、いいこともある。

そんな中、急な坂スタジオの本HPがとうとう完成。ディレクションしてくれたスタッフ&デザイナーさんに大感謝。彼らの労作はこちら http://kyunasaka.jp
by smacks | 2006-11-06 23:24 | ■横浜【急な坂スタジオ】

【告知】11月4日急な坂スタジオ オープン記念シンポジウム

気がつくと、もう11月です。オープンに向けて準備をしていたころは、シンポジウムの日なんて遠い未来のように思えていたのですが、もう今週末となりました。

すでに100名を超える方々のお申し込みを頂いていますが、まだまだ会場のキャパシティがありますので、ぜひこの機会にご来場ください。

これから開港150周年に向けてカウントダウンをはじめる横浜市のクリエイティブ・シティ戦略、その中に位置づけられる急な坂スタジオの役割、そして横浜における舞台芸術の過去・現在・未来を考えるトーク・・・・それなりにエキサイティングな内容になると思います。

レセプションではかなり気合の入ったスペシャルメニューもご用意しています、ぜひお楽しみに!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 急な坂スタジオ オープン記念シンポジウム
「横浜、舞台芸術創造の新展望を探る」
2006年11月4日(土) 15時~18時(レセプション18時~20時)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
入場無料/要申込
インターネット予約 http://kyunasaka.jp
電話予約 045-250-5388

●基調講演 15時10分~15時30分 
「横浜クリエイティブ・シティ戦略の最前線」          
開港150周年を2年後に控えた横浜市のクリエイティブ・シティ戦略
プランの中で、急な坂スタジオはどのように位置づけられている
のでしょうか? 横浜市のビジョンを伺います。
【スピーカー】
横浜市開港150周年・創造都市事業本部長 川口良一

●オープニング・プレゼンテーション 15時30分~16時00分
アーティストによる日々の創造活動から人材育成、
世界に向けた作品の制作・発表まで、総合的なアート・プラットフォームを
目指す「急な坂スタジオ」の基本コンセプトや運営方針、組織形態について、
職員がご説明いたします。

●パネル・ディスカッション 16時15分~18時
舞台芸術の巨大市場・東京に隣接する横浜で、
独自の舞台芸術環境を生み出すスキームとはどのようなものか? 
横浜でこれまで活動してきた実績ある民間のイニシアティヴの代表者の
方々からも率直な意見・展望を頂きつつ、急な坂スタジオが担うべき
機能・役割について、徹底討論を行います。

【パネリスト】
岡田利規  演出家、チェルフィッチュ主宰 
川口良一  横浜市開港150周年・創造都市事業本部長  
藁谷はるか 横浜市芸術文化振興財団 開発事業グループ長
曽田修司  NPO法人STスポット横浜理事長
市村作知雄 NPO法人アートネットワーク・ジャパン理事長 
ほか
【司会】
吉本光宏 ニッセイ基礎研究所 芸術文化プロジェクト室長 

●レセプション 18時~20時 *参加費500円を頂きます。

●スタジオ内覧会 19時~
by smacks | 2006-11-01 00:34 | ■横浜【急な坂スタジオ】


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧