smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2006年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

7月17日:パリはレバノンとの連帯を掲げる

b0028579_2312423.jpg
本日のル・モンド紙の一面。Paris affiche sa solidarite avec le Liban 「パリ(=仏政府)はレバノンとの連帯を掲げる」
昨日、シラク大統領からの要請を受けドゥヴィルパン首相がベイルートを緊急訪問。これまでもレバノンの独立のためにあらゆる介入と支援を行ってきたフランス。どのメディアも、7月13日以降、レバノン危機を大々的に報じ続けている。

これまで2度イスラエルを訪問し、多くのイスラエル人と仕事をしてきた。個々人に対する尊敬や友情は深い。しかし、だからこそ、イスラエルという「国家」の暴挙に、はっきりとNOと言い、一刻も早くこのような破壊行為、殺戮行為をやめて頂きたい。ヒスボッラは確かに危険で過激な武装組織であるが、彼らはレバノンを代表しない。国家を代表しない武装組織からの攻撃に対し、なぜイスラエルは、レバノンという国家そのものを、堂々と破壊しているのか。そんなことが許されていいのだろうか。空港、幹線道路、橋、発電所・・・国家の動脈をすべてずたずたに破壊し、益々ヒスボッラの過激な反撃を煽り、一般市民を殺戮するイスラエル。そんなイスラエルこそ、テロリスト国家に違いない。理由もなくテポドンを飛ばし東アジアの安定に揺さぶりをかける北朝鮮と、「セキュリティ」「自衛」を理由に隣国を極めて残忍な方法で抹殺するイスラエルに、大差はないだろう。日本のメディアも、北朝鮮がテポドンを飛ばしてきたのと同じくらいのインパクトと憎悪を持って、このテロリスト国家イスラエルを糾弾すべきなのではないか。

このブログではこれから毎日、手元にたまってきた、レバノンのアーティストたちからのメールを翻訳し、紹介していこうと思う。
by smacks | 2006-07-17 22:59 | ■TIF07-レバノン

7月14日:レバノンは戦争状態にある

今朝アヴィニオンに到着した。が、そんなことはどうでもいい。

レバノンは極めて深刻な事態になっている。イスラエルは、ヒスボッラへの攻撃を口実に、レバノン各地を爆撃。もはや、これを戦争といわず、なんというのだろうか。

レバノンのアーティスト、ラビア・ムルエからメールが届いた。今日の時点ではまだメールできているようだ。彼は国立のテレビ局にも勤務しているので、まだなんとかなっているのだろうか。しかし、空港が破壊され、ヨルダン国境へと抜けるハイウェイや、イスラエル国中の主要ハイウェイが破壊され、ベイルート中はずっと停電しているようだ。

レバノンのインフラを破壊し続けるイスラエル。空港の滑走路が破壊され、唯一の陸路であるシリアへのハイウェイが破壊されてしまった今、レバノンは物理的に孤立に追い込まれている。

早速、チュニジアのアーティスト、ナウェル・スカンドラーニからこんなメールがきた。以下、自由に転送・転用していただきたい。

Dear people,

Israel is attacking our country in a weird disproportionate way.
Shelling, raids, villages torn, infrastructure being destroyed. we need
to act in any way. What can be done:

1) use the attached graphic on your websites / blogs / or by mail
2) contribute to http://lebanonunderattack.wordpress.com/ to update constantly
the information, and spread the blog in the whole world for all to see.
Israel's media campaign is called "War in the North". They nearly seem
like total victims. They are working hard. We shall work hard also to
dismantle mis-information.

Anyone interested in contributing to the LEBANON UNDER ATTACK blog
should open a wordpress.com account, and mail me the mail address he
used to sign in at w.maouad@gmail.com.

Thank you for your attention, do forward this mail to all people you

know [especially interested ones, and possible contributors].
by smacks | 2006-07-14 23:28 | ■TIF07-レバノン

7月13日:レバノン危機

20時過ぎにパリ市内に到着。一泊。
友人と、いつも良くいくパリで一番おいしいレバノン料理レストランに行く。

そこで信じられない事実を耳にする。
今日、イスラエルが、レバノンを攻撃した。戦争がはじまったという。

レバノン南部でイスラム教過激派組織ヒスボッラがイスラエル軍と衝突、人質をとる事態になり、イスラエル軍はレバノン国内のヒスボッラの拠点を攻撃。ベイルート南部のヒスボッラのテレビ局も爆撃された。再び、戦争は始まってしまうのだろうか。

イスラエルからレバノンへ。昨年11月下旬から12月上旬、10日間の間隔をおいて訪問した二つの国。その、美しい地中海に面する二つの小さな国。私はその両方の国の、素晴らしいアーティストや芸術関係者を多く知っている。

来年3月に予定されているレバノンのアーティスト、ラビア・ムルエとの共同制作による新作に、大きな影響が出てくることが予想される。
by smacks | 2006-07-13 23:26 | ■TIF07-レバノン

7月12日:タイムリミット

が迫る。今日は朝からEU-ジャパンフェストでのMT.ルーマニアの欧州文化首都のディレクターに日本のアーティストを推薦し紹介する会議を3つほどコーディネートしている間に、2度、麹町から西巣鴨を往復。・・・しつつ、明日の航空券に信じられないトラブル発生!!!100パーセント旅行代理店のミスだから余計腹が立つのだが、担当者の女の子は「すみません」の連呼で話にならないし~~(怒)。明日本当に出発できるか? 超不安。と同時に、とある大きな企画の提案書をどうしても出発前までに書き上げなければならず、もう頭爆発寸前。

家に戻って深夜12時。そこから、半泣きになりながら企画書を書き上げたのが3時過ぎ、それから荷造りをしてすでに夜も明け・・・なんとか9時のフライトに間に合いましたが、日暮里からのった京成スカイライナー、あと1分チケットを買うのをおくれたら満席でのれなかった。ひやひや。あー、出張前のバタバタは毎度のことにしても、今回は本当にサイテーだった。というか私サイテー。

またもや気がついたら到着していたソウルのインチョン空港でブログアップ。大丈夫、今日は飛行機にパソコンは忘れてきませんでした。
by smacks | 2006-07-13 12:56 | ■その他もろもろ

7月11日:愚痴ってもひとり

明後日から出発だというのに、仕事がいっこうに片付かず。非常に追い込まれている。という愚痴を言っても、誰も助けてはくれない。最近、仕事の瞬発力が欠けているような。基本的に夏はだらだらモードなのがいけない。ああ、どんどん時間は過ぎていく。

・・・愚痴ってもひとり。

寂しい朝3時30分アップのブログでした。
by smacks | 2006-07-12 03:29 | ■アートマネジメント関連

7月10日:ポツドール

ポツドールVol.14.5 「女のみち」 脚本・演出/溝口真希子

AV女優たちが、AV撮影現場で繰り広げる、女同士の生きざま。
ご本人もアダルトビデオの監督を務める溝口さんの、脚本・演出だからこそ実現したのだろうか、善も悪も、美も醜も、愛も軽蔑も、あまりにリアル過ぎて痛いから面白い(という自分の発見)。演出も冴え、脚本も面白く、劇中劇もナイス、何より女優たちが光る。脱帽の舞台。
by smacks | 2006-07-10 19:44 | ■演劇・ダンス系

7月9日:フランスが危ない!

ブラジル戦、ポルトガル戦と、神がかり的存在感でフランスを勝利に導いた将軍ジダンを、なぜ神はあんな形で見放したのか。自業自得の暴力行為、という風に片付けることはできない。一体彼がどんな侮辱の言葉を浴びせられたのか、知らずにはこの結末には納得できない・・・

と、にわかサッカーファンの筆者でさえ思うのだから、ジダンの活躍に自分の未来と国に対する淡い希望を重ねていた多くの「郊外」の、移民コミュニティの若者たちは、いったいどんな気持ちであのシーンの目撃者となったのだろうか。胸が痛む。

国家的トラウマになるのか、それとも、これすらも後に英雄の美談として昇華されるのか。サッカーがintegration (移民の同化政策)の重要な政治的役割を果たしているフランスにおいて、あの、あまりにも悲劇的で屈辱的なエンディングは、これからフランス社会に、大きな大きな波紋を投げかけるような気がしてならない。

今週木曜日からフランスに行くのだが・・・とりあえず、社会が荒れていないことを願う。せめて使える公衆電話がいくつかはあって欲しいなあ。。
by smacks | 2006-07-09 23:22 | ■フランス滞在&もろもろ

7月7日:七夕パーティー

七夕にかこつけて、にしすがも創造舎オープン2周年の内輪パーティー。
職員、その家族、アーティスト、行政マン・・・老若男女(0歳児~50代まで)入り乱れてのアットホームな会。こんな入り乱れ方をすること自体がなかなか普通ではないことで、私の職場は本当にキャパが広い。

ここに引っ越してきてから2年。感覚的には、もっとずっと長くいたような気がしてしまうほど、実に多くの人と出会い、多くのプロジェクトに立ち会った、ような気がする。場所を持つって、すごいことだ。
by smacks | 2006-07-07 23:30 | ■にしすがも創造舎

7月6日:都合のよいワールドカップ観戦

ワールドカップ。実は、かなり極私人的に、自分に勝手に都合の良いように楽しんでいる、きわめて無責任な観客のひとり。

当初は、ワールドカップ初出場の国やいわゆる「第三世界」の国を応援していたのだが、これらの国がどんどん敗退していった決勝リーグでは、ますます自分勝手に「好み」で応援中。その主な判断基準が、①イケメンがいる ②食べ物がおいしい国、の2つ、だったので、アルゼンチンが負けたときはとても悔しかったり、イタリアがドイツに勝ったときは嬉しかったり。まあ都合のよいテキトーな観戦。

とはいえ、一番気になってしまうのはやはりフランス。昨夜も、朝5時に目が覚めて、前半が1-0でリードしているのを見届けてからまた眠ってしまったのだが、次に目が覚めたときには1-1の同点になり、焦ったがまた寝てしまい、次に起きたときはフランスが結局3-1で勝利したものの、ジダンをはじめ主力にイエローカードが出て決勝に出場できないことになり、でもこれでジダンが引退なんてあり得ない、今回ばかりはワールドカップといえども特例で、イエローカード累積2枚の選手でも決勝に出られるよう何とかしろ、という要求を掲げた暴動がフランス各地で勃発・・・・

・・・・どうやら夢だったようだ。出勤後、ネットで見たら1-0で勝ったんですね。やれやれ。

それにしても、悩ましい決勝、イタリアVSフランス。
それは、「イタリア料理が好きか、それとも、フランス料理が好きか、はっきりしろ」と聞かれているような・・・なんて答えるのが難しい質問でしょう。だってどっちも好き。。。選べない。まあ日常的に食べるのならイタリア料理なのだけれど、やっぱり総合的に考えるとフランス料理は素晴らしいし奥が深い。・・・・誰も選べとは言っていないんですが、一人で悩んでいます。
by smacks | 2006-07-06 23:50 | ■その他もろもろ

7月2日:ヤン・ファーブル

ヤン・ファーブル「主役の男が女である時」@さいたま芸術劇場

「ベルギーの鬼才による至福の傑作、待望の上演」

というチラシの文句に期待を膨らませて楽しみにしていたのに、見事に裏切られたという人も、私の周りには多かった。

しかし。この作品は、当初、リスベット・グルェーズという、存在自体に両性具有性を秘めた、極めて特別な才能と技術をもったダンサーのために、また、このダンサーとともに、2004年に創られた作品なのだ。理由はよく分からないがダンサーが交代してしまった(オーディションで選ばれた韓国人ダンサー)今、作品のすべては、まったく違ったものになったとしかいいようがない。

というのも、実は筆者は、そのオリジナルの作品を、2004年春、パリ市立劇場のレ・アベス小劇場で観ている。そのときの感動は、今でも忘れることができない。「至福の傑作」という言葉が本当にふさわしい、えもいわれぬ観劇体験だった。またそれは、多くの人々が深く共有した感覚であって、実際、めったに再演しないパリ市立劇場が、2006年のプログラムに「傑作の再演!」と銘打って再演公演を行なったほどだ。

また、やはりパリの小劇場の凝縮した空間での観劇と、日本の大ホールで見る観劇体験は、同質のものではあり得ないだろう。批判ということではなくて、同じ作品を観劇をする、その同じ行為であっても、これだけ舞台と自分の位置関係で観劇体験の質が変わってしまうのだということを実感せざる得なかった。

自分の職業がいかに多くの要素に依存した「水商売か」を思い知っただけでも、行った価値はあった。また、言い訳は許されない商売としても、今回ばかりは、同業者である主催者の方々に対して深く同情してしまった。
by smacks | 2006-07-02 20:57 | ■演劇・ダンス系


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧