smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

カテゴリ:■横浜【急な坂スタジオ】( 42 )

【告知】急な坂マンスリーカフェ「チェルフィッチュの世界的超感染力」

これから毎月急な坂スタジオでマンスリー・カフェをやります。
その記念すべき第一回の情報です。

なかなか良いタイトルが思いつかず、3晩寝かせて出てきたタイトル。
なかなか気に入っております。

年末のお忙しい時期かと思いますが、ぜひともご参加ください。
ヒューガルデン(ベルギーの白ビール)で忘年会!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■急な坂スタジオ マンスリーアートカフェ Vol.1 2006-12 開催決定!

世界のフェスティバルディレクターが斬る!
「チェルフィッチュの世界的超感染力」

岡田利規(チェルフィッチュ)×クリストフ・スラフマイルダー

日時:2006年12月18日(月)19時オープン
会場:横浜アートプラットフォーム 急な坂スタジオ1階 ラウンジ
http://kyunasaka.jp/projects/project_archive/post_12/
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
急な坂スタジオ マンスリーアートカフェ Vol.1

10月23日にオープンした横浜・急な坂スタジオにて、毎月1回、
レジデント・アーティストとその仲間たちが大集合するアートカフェ、オープン!
思考のキャッチボールから新しい表現の実験まで。
ドリンクを片手に、アートと社会、日本と世界についての対話を通じて、
新しいアートコミュニティの創出を目指します。

記念すべき第一回のゲストには、ベルギーのクンステン・フェスティバルの若き新
ディレクター、スラフマイルダー氏を迎えます。世界各地から若手アーティストを
いち早く発掘、最先鋭のプログラミングで世界のアート界のアンテナ・フェスティ
バルとも称されるクンステン。
これまで日本から招待されたのはダムタイプ、勅使河原三郎だけ。
そして長年のブランクを経て、急な坂スタジオのレジデント・アーティストでもあ
るチェルフィッチュ・岡田利規の「三月の5日間」が、次回のフェスティバルに招待
され、大きな期待が寄せられています。

クンステン・ディレクターが見る岡田作品の欧州感染力はいかに?
そもそも岡田戯曲はいかに外国語に翻訳可能なのか?
新国立劇場で公演中の新作「エンジョイ」に描かれる日本と世界の若者の姿とは?

などなど、同世代のアーティストとフェスティバル・ディレクターの本音トークから、
舞台芸術の世界的な現象をしつこく語り尽くすカフェナイト。ぜひご参加下さい!

■スピーカー■
ゲストスピーカー:
クリストフ・スラフマイルダー(クンステン・フェスティバル芸術監督)
岡田利規(チェルフィッチュ)
ホストスピーカー:
相馬千秋(急な坂スタジオ ディレクター)

■ドリンクメニュー■
ヒューガルデン(ベルギー産白ビール)など

----------------------------------------------------
開催概要

▼日 時:2006年12月18日(月)
19時カフェオープン 19時30分トーク開始 

▼会 場:
横浜アートプラットフォーム 急な坂スタジオ
〒220-0032 横浜市西区老松町26-1 旧老松会館

▼入場料:1000円(1ドリンク付)

▼申込方法:お申し込みフォームからご予約ください。
お申し込みフォームはこちら
http://kyunasaka.jp/m_cafe.html

*定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにご予約下さい。
また、ご予約なしで当日いらっしゃるお客様にはお席をご案内できない
場合がございますので、必ず事前にご予約いただきますようお願い致します。

▼お問合せ:
横浜アートプラットフォーム:急な坂スタジオ
tel 045-250-5388 / fax 045-261-1300
http://kyunasaka.jp
toiawase@kyunasaka.jp
by smacks | 2006-11-29 00:42 | ■横浜【急な坂スタジオ】

11月20日:野毛の名店・村田屋

今月はブログ更新率最低を更新中。。。

急な坂スタジオでの一連のオープニング事業が終わり、一息つく間もなく、膨大な申請書作成やら、TIF07の潜伏化の仕込みやら、どれもまだ先の未来のことのように見えながら今言語化しなければならない多くの事柄を抱え。。。いろんなことは猛烈な勢いで動いているものの、目に見える行動は起こせない、辛抱の1ヶ月。仕込み、また仕込む毎日だったりする。

まあそれはそれとして、心温まることもある。今日は急な坂でのMTG後、チームの皆と野毛の有名店「村田屋」にて、いわしのつみれ鍋と日本酒(熱燗)の宴。心身ともに温まる初冬の一夜でした。野毛にお越しの方はぜひ一度ご訪問してみてください。
by smacks | 2006-11-20 02:36 | ■横浜【急な坂スタジオ】

11月6日:やっとひといき

4日のシンポジウム、無事終了。問題の論点と今後の課題がきちんと浮き彫りになる、シンポジウムらしいシンポジウムになって、主催者としてはとても満足している。お忙しい中百戦錬磨の知的職人っぷりを発揮してエキサイティングな議論を仕掛けてくれたパネリストの皆さんに、また温かい応援と激励で支えてくれた横浜市の方々に、そして着実にしてクリエイティブな仕事っぷりでシンポジウムを形にしてくれたスタッフの皆に、深い感謝を。
b0028579_1371258.jpg


とはいえシンポジウムは所詮シンポジウムでしかない。シンポジウムで話したことは、大体1-2年後くらいに何か形にしてこそ、シンポジウムの意味があるので、これからが問われるところ。頭で考えていることを公に共有するいい機会であったことに、満足してはならない。

助成金申請をめぐる怒涛の第一波も去りつつあり・・・今日はレバノンのアーティスト、ラビア・ムルエから待ちに待ったプロポーザルも届き、ああ、人生捨てたもんじゃないと、束の間の幸せに浸った。人生、いいこともある。

そんな中、急な坂スタジオの本HPがとうとう完成。ディレクションしてくれたスタッフ&デザイナーさんに大感謝。彼らの労作はこちら http://kyunasaka.jp
by smacks | 2006-11-06 23:24 | ■横浜【急な坂スタジオ】

【告知】11月4日急な坂スタジオ オープン記念シンポジウム

気がつくと、もう11月です。オープンに向けて準備をしていたころは、シンポジウムの日なんて遠い未来のように思えていたのですが、もう今週末となりました。

すでに100名を超える方々のお申し込みを頂いていますが、まだまだ会場のキャパシティがありますので、ぜひこの機会にご来場ください。

これから開港150周年に向けてカウントダウンをはじめる横浜市のクリエイティブ・シティ戦略、その中に位置づけられる急な坂スタジオの役割、そして横浜における舞台芸術の過去・現在・未来を考えるトーク・・・・それなりにエキサイティングな内容になると思います。

レセプションではかなり気合の入ったスペシャルメニューもご用意しています、ぜひお楽しみに!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 急な坂スタジオ オープン記念シンポジウム
「横浜、舞台芸術創造の新展望を探る」
2006年11月4日(土) 15時~18時(レセプション18時~20時)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
入場無料/要申込
インターネット予約 http://kyunasaka.jp
電話予約 045-250-5388

●基調講演 15時10分~15時30分 
「横浜クリエイティブ・シティ戦略の最前線」          
開港150周年を2年後に控えた横浜市のクリエイティブ・シティ戦略
プランの中で、急な坂スタジオはどのように位置づけられている
のでしょうか? 横浜市のビジョンを伺います。
【スピーカー】
横浜市開港150周年・創造都市事業本部長 川口良一

●オープニング・プレゼンテーション 15時30分~16時00分
アーティストによる日々の創造活動から人材育成、
世界に向けた作品の制作・発表まで、総合的なアート・プラットフォームを
目指す「急な坂スタジオ」の基本コンセプトや運営方針、組織形態について、
職員がご説明いたします。

●パネル・ディスカッション 16時15分~18時
舞台芸術の巨大市場・東京に隣接する横浜で、
独自の舞台芸術環境を生み出すスキームとはどのようなものか? 
横浜でこれまで活動してきた実績ある民間のイニシアティヴの代表者の
方々からも率直な意見・展望を頂きつつ、急な坂スタジオが担うべき
機能・役割について、徹底討論を行います。

【パネリスト】
岡田利規  演出家、チェルフィッチュ主宰 
川口良一  横浜市開港150周年・創造都市事業本部長  
藁谷はるか 横浜市芸術文化振興財団 開発事業グループ長
曽田修司  NPO法人STスポット横浜理事長
市村作知雄 NPO法人アートネットワーク・ジャパン理事長 
ほか
【司会】
吉本光宏 ニッセイ基礎研究所 芸術文化プロジェクト室長 

●レセプション 18時~20時 *参加費500円を頂きます。

●スタジオ内覧会 19時~
by smacks | 2006-11-01 00:34 | ■横浜【急な坂スタジオ】

10月23日:【祝】急な坂スタジオ・オープン!

思い返せば7月の現場下見から提案書の作成、8月の結果発表、9月の改修工事、10月の怒涛のようなオープンまでの秒読み作業の日々・・・を乗り越えて、なんとか、無事にオープンを迎えることができました。毎日、鬼のような仕事量を確実にこなしてくれた6名のスタッフと、常に先回りで私たちをオープンまで導いてくださった横浜市の職員の方々に、深く感謝を。

あいにくの肌寒い雨模様にも関わらず、合計で138名のお客様、加えてレジデント・アーティストや関係者が参加してくれた。予想を上回る盛況ぶりだった。

3名のレジデント・アーティストが揃い、何かが起こる予感に満ち溢れたパーティだったと思う。

場所を持つということの大きなポテンシャルに対して、それを十分に、また公平に活用していくための地道なルール作りも怠ることはできないだろう。

あの場所で私たちがやろうとしていることは、11月4日のシンポジウムの際に披露したいと思う。ぜひこちらもご参加ください。http://kyunasaka.jp
by smacks | 2006-10-23 23:21 | ■横浜【急な坂スタジオ】

10月13日:急な坂スタジオ、オープンまであと10日

横浜アートプラットフォーム:急な坂スタジオ

オープンまであと10日と秒読み段階へ。
今日はとうとう改修工事が完了。6つのスタジオが出来上がった。

とにかく忙しい&あわただしいけれど、わくわくする現場。残されたあと10日は、どういう日々になるのだろうか。

オープニング・パーティ、スタジオ内覧会、シンポジウム、ぜひお越しください!

http://kyunasaka.jp
by smacks | 2006-10-14 00:21 | ■横浜【急な坂スタジオ】

【告知】横浜アートプラットフォーム「急な坂スタジオ」オープン!

7月の公募、8月の公開ヒアリング、そして9月から10月にいたる
怒涛のようなオープン準備・・・
やっと外向きの情報がきちんと出せる状態になりました!

HPにはプレスリリースやこれから配布するチラシのPDFファイルも
アップしてあります。ぜひぜひ、ご覧ください。
そして、オープニング・パーティ&オープン記念シンポジウム、内覧会、
ご来場お待ちしています!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 横浜アートプラットフォーム:急な坂スタジオ(旧老松会館)
  Yokohama Arts Platform : Steep Slope Studio
URL→http://kyunasaka.jp

急な坂スタジオは、横浜市との協働のもと、
NPO法人アートネットワーク・ジャパンと
NPO法人STスポット横浜が共同で管理・運営を行う
公設民営の文化施設です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

横浜・野毛山、「急な坂」の上に、新しい舞台芸術の創造拠点、オープン!
もと結婚式場「老松会館」を転用。横浜から世界へ、人材、情報、
そして作品創造に必要なインフラ(稽古場)が整う、クリエイティブな
アートプラットフォームが生まれます!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 急な坂スタジオ 4つのキーワード
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1 創造活動のためのスタジオ
60m2~250m2、大小6つのスタジオを整備。2ヶ月間まで長期利用が可能、
舞台芸術を中心とした幅広い創造活動を応援します! 

2 レジデント・アーティストを迎えて
横浜を拠点に活躍する3名のアーティスト、岡田利規(チェルフィッチュ)、
中野成樹(中野成樹+フランケンズ)、矢内原美邦(Nibroll)を
レジデント・アーティストとして迎えます。
彼らが仕掛ける横浜×パフォーミング・アーツのムーブメントに注目! 

3 コラボレーションのためのプラットフォーム
カフェやライブラリーなど、アーティストや市民が集い、
交流するスペースや各種イベントをプロデュース。
ジャンルや世代を超えた、対話とコラボレーションの場をつくります。

4 桜木町・野毛創造界隈に賑わいを
横浜市の創造都市構想に連動し、桜木町・野毛創造界隈の形成を、
地元の市民やアーティストと一緒に盛り上げます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 急な坂スタジオ スタジオ内覧会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もと結婚式場だった老松会館。式場から厨房、和室まで、
新しく蘇った創造空間を多くの方にご利用いただくため、
各スタジオの応募方法や料金設定をスタッフがご説明し、
皆様のご質問にお答え致します。横浜で舞台芸術活動を展開したい方、
稽古場を探している方などのご来場、心よりお待ちしております!

要予約
インターネット予約 http://kyunasaka.jp
電話予約 045-250-5388

【内覧スケジュール】
10月23日(月) 18時20分~/19時30分~ 
*オープニング・パーティーもあわせてご参加ください。
10月28日(土) 15時~
11月 4日(土) 19時~ 
*オープン記念シンポジウムもあわせてご参加ください。
11月10日(金) 18時~
11月12日(日) 15時~


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 急な坂スタジオ オープニング・パーティー
2006年10月23日(月) 18時~20時
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
入場無料 
どなたでもご参加いただけます。
お気軽にご来場ください! 

●Nibroll リハーサル特別公開 18時~18時30分 
レジデント・アーティストのひとり、矢内原美邦ひきいるNibroll。
10月27日福岡での新作発表を控え、その直前の稽古を特別公開! 

●スタジオ内覧会 18時20分~/19時30分~  
                                                           
●レセプション&ウェルカム・スピーチ 18時40分~

●レジデント・アーティスト紹介トーク&作品映像上映 19時~
レジデント・アーティストの岡田利規、中野成樹、矢内原美邦が集合。
これまでの活動を映像でご紹介しながら、これからこの拠点で展開したい
活動についてざっくばらんにトークします。これまでSTスポットで
お互いを刺激しあってきた3人のアーティストが横浜に描く展望とは? 
また、オープニングならではのサプライズもご用意!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 急な坂スタジオ オープン記念シンポジウム
「横浜、舞台芸術創造の新展望を探る」
2006年11月4日(土) 15時~18時(レセプション18時~20時)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
入場無料/要申込
インターネット予約 http://kyunasaka.jp
電話予約 045-250-5388

●基調講演 15時10分~15時30分 
「横浜クリエイティブ・シティ戦略の最前線」          
開港150周年を2年後に控えた横浜市のクリエイティブ・シティ戦略
プランの中で、急な坂スタジオはどのように位置づけられている
のでしょうか? 横浜市のビジョンを伺います。
【スピーカー】
横浜市開港150周年・創造都市事業本部長 川口良一

●オープニング・プレゼンテーション 15時30分~16時00分
アーティストによる日々の創造活動から人材育成、
世界に向けた作品の制作・発表まで、総合的なアート・プラットフォームを
目指す「急な坂スタジオ」の基本コンセプトや運営方針、組織形態について、
職員がご説明いたします。

●パネル・ディスカッション 16時15分~18時
舞台芸術の巨大市場・東京に隣接する横浜で、
独自の舞台芸術環境を生み出すスキームとはどのようなものか? 
横浜でこれまで活動してきた実績ある民間のイニシアティヴの代表者の
方々からも率直な意見・展望を頂きつつ、急な坂スタジオが担うべき
機能・役割について、徹底討論を行います。

【パネリスト】
岡田利規演出家、チェルフィッチュ主宰 
川口良一 横浜市開港150周年・創造都市事業本部長  
藁谷はるか横浜市芸術文化振興財団 開発事業グループ長
曽田修司  NPO法人STスポット横浜理事長
市村作知雄NPO法人アートネットワーク・ジャパン理事長 
ほか
【司会】
吉本光宏 ニッセイ基礎研究所 芸術文化プロジェクト室長 

●レセプション 18時~20時 *参加費500円を頂きます。

●スタジオ内覧会 19時~


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 会場アクセス&お問合せ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【アクセス】
京浜急行日ノ出町駅から徒歩5分
JR、市営地下鉄線 桜木町駅から徒歩10分
マップはこちらから http://kyunasaka.jp

【お問合せ】
Yokohama Arts Platform : Steep Slope Studio
横浜アートプラットフォーム:急な坂スタジオ

〒220-0032 横浜市西区老松町26-1 旧老松会館
Office : tel 045-250-5388 / fax 045-261-1300
http://kyunasaka.jp
toiawase@kyunasaka.jp


主催:NPO法人アートネットワーク・ジャパン
NPO法人STスポット横浜 
共催:横浜市開港150周年・創造都市事業本部
by smacks | 2006-10-07 00:03 | ■横浜【急な坂スタジオ】

9月30日:気がつくと、もう月末

気がつくと今日で9月も終わり。9月は横浜でのレバノン・カフェにはじまり、横浜での旧老松会館オープンに向けた怒涛のような日々に終わろうとしている。
ブログも書けず。そもそもネットにつながったパソコンの前にいられる時間が少なく、メールの返事も遅れがちで、関係者各位に、大変申し訳ない次第。
加えて、横浜がらみのヘヴィな企画書づくりに、夕べから家から一歩も出られず。。。加えてもうひとつ、海外の文化政策に関する研究調査のペーパー提出が迫り、この土日は二つのヘヴィすぎる締め切りを抱え、勝手に自分の限界に挑戦中。

とはいえ、今週はたくさんのことが具体的に動いたので、個人的には比較的ハッピー。

そのひとつ。この1ヶ月私を悩ませ続けた懸案事項の一つ、旧老松会館の名称が、ついに決まりました。今日から仮チラシを配布しているので、ブログ上でも発表していいでしょう。

じゃじゃーん。

横浜アートプラットフォーム: 急な坂スタジオ

Yokohama Arts Platform : Steep Slope Studio

レジデント・アーティストの岡田利規氏(チェルフィッチュ)の発案なり。


反応は世代は業種によってさまざまだけど、個人的にはキャッチーでとても気に入っています。ぜひ急な坂を上って、遊びに来てください。詳細は、10月4日からHPで公開します!

http://kyunasaka.jp
by smacks | 2006-09-30 23:10 | ■横浜【急な坂スタジオ】

9月27日:【お願い】ファックスあまっていたら、貸してください

気がつくと1週間以上ブログ更新をさぼっていた。毎日横浜へ遠距離通勤の日々。
いろいろなことはすごいスピードで起こっているのだが・・・横浜オフィスはまだネットにつながっていない。そして横浜の現場は、改修工事の真っ最中。

オフィスとなる空間の床も張り替えるため、仮オフィスを和室に仮設置。温泉でゼミ合宿しているみたいな状況だけれど、それが結構楽しい毎日だったりする。

あと、現場の職人さんと業者さんたちの技に、惚れ惚れする毎日であったりもする。プロというのは本当にすごいものだ。

今日はようやく電話とファックスが開通。しかし、ファックス機がない。いずれ10日後にはコピー機兼ファックス機をリースするつもりなのだが、その10日間、ファックスなしは苦しい。しかし買うほどのことはないので、今、どこかにあまっているファックス機がないか、問い合わせ中。

どなたかご自宅やオフィスに使用していないファックス機がありましたら、至急ご連絡ください。
by smacks | 2006-09-27 00:08 | ■横浜【急な坂スタジオ】

9月19日:ちょっと遠距離通勤

横浜の秋。
とうとう3日連続で横浜に通っている。これが来週からは毎日になる予定。

これまでの人生で30分以上電車等の交通機関を利用する通勤・通学をしたことがない。たいてい学校や職場の近くに住んでいて、遠くてもDoor to Door で40分くらい。電車に乗るくらいなら比較的高い家賃を払っても学校や職場の近くに住んでいたい性質。電車が非常に嫌いで、混んだ電車の中に圧縮されているときなど時間の無駄にしか思えない。そういう性格なので一生住所不定&引越し続きの人生かも知れない。そういえばこれまでも引越しの数だけを単純に数えると・・・ここ10年2年に一度のペースで必ず引越しをしている。このペースでいくと、そろそろ次の引越しを考えねばなのだが。

それにしてもなぜこうも日本とくに東京の住宅事情は厳しいのだろうか。
東京で一人暮らしをはじめて10年以上がたったけれど、住宅に関する満足度はまったく向上しない。
by smacks | 2006-09-20 00:39 | ■横浜【急な坂スタジオ】


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧