smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

カテゴリ:■TIF05-全体( 7 )

東京国際芸術祭05 YAMP打ち上げ in Camo-Cafe

3月31日
TIF打ち上げは続く。今日はYAMPスタッフたちとの打ち上げ@Camo-Cafe にしすがも創造舎。TIF期間中のカフェであまったビールやワイン、フードで、かなり盛り上がる。聖子ママの再び登場!で、一同、食欲も充分満たされる。

今年のYAMPスタッフたちの活躍は素晴らしかった。基本的なことは最初からクリアしていて、現場で自分が何をすべきか、何ができるかを考え、指示なしで動いてくれる彼らに、とても助けられたし、励ましてもらった。英語はもちろん、フランス語、ドイツ語、アラビア語の通訳・翻訳から、制作アシスタント的な仕事まで。なんでもできる、オールマイティなYAMPたちとは、まるでずっと前から一緒に仕事をしてきたかのような不思議な一体感があった。
b0028579_1602283.jpg
「壁―占領下の物語II」の公演ビデオにあわせて踊り狂うパレスチナ班の女の子たち。アラブ化が、かなり進行している! けどかわいい~
b0028579_1605072.jpg
「昏睡カフェ」「ディープ・アラブカフェ」「ベルリン・テアターカフェ」、そして今日の打ち上げと、TIFの台所をしきってくれた、MAMAMPこと聖子ママ。ママ率いるカフェ班のお陰で、極めて美味しい&超オリジナルの手料理がフェスティバルを盛り上げてくれました。大感謝&本当にお疲れ様でした!
by smacks | 2005-03-31 23:54 | ■TIF05-全体

ディープおやじカフェ in 味とめ 三軒茶屋

3月29日
今回の中東2公演+フォルクルビューネ公演、かれこれ1ヶ月弱お世話になった裏方さんたちと、盛大な打ち上げ@味どめ in 三軒茶屋。トラックでの搬出から西巣鴨への搬入が終わり、飲み始めたのが午後5時。そして終電を逃すまで・・・・ディープ・アラブカフェならぬ、ディープおやじカフェが展開された。(1週間経った今でも、写真を見るだけで酔いそうだ・・・・アラブよりディープな世界は身近なところにあった?)
by smacks | 2005-03-29 23:52 | ■TIF05-全体

ベルリン・テアターカフェ in Camo-Cafe 

3月27日
ベルリン・テアターカフェ in Camo-Cafe にしすがも創造舎。
日曜のお昼にも関わらず、ベルリン演劇に魅せられた・魅せられつつある人々がたくさん集まりました。
b0028579_144741.jpg
b0028579_14471386.jpg
b0028579_14472228.jpg

きっとベルリンで食べるよりもずっと美味しい料理がふるまわれたのではないでしょうか。聖子ママ&カフェ班の皆さんお疲れ様でした~
by smacks | 2005-03-27 14:47 | ■TIF05-全体

(祝)フォルクスビューネ「終着駅アメリカ」初日あく

3月25日
しばし記憶喪失。気がつけばフォルクビューネの「終着駅アメリカ」初日@世田谷パブリック・シアター。
フォルクスビューネのロゴTシャツ&シールを身にまとい、上機嫌のYAMP娘たち(↓)。
b0028579_1440329.jpg

あらゆる意味でどきどきな公演だったが、無事にフォルクスの初来日公演が実現した。評判もすこぶる良く、スタッフ一同胸をなでおろしたのでした。
b0028579_14434739.jpg

by smacks | 2005-03-25 14:40 | ■TIF05-全体

TIFサポートスタッフ・YAMP大集合! 

気がつけば、はや2月・・・・
明日から始まる東京国際芸術祭のサポート・スタッフ、YAMPの若者たちが大集合!

制作班:国内プログラムの制作アシスタント
インターナショナル班:招聘プログラムの制作アシスタント+海外ゲストのアテンド
広報班:広報活動のサポート
高校生プログラム班:高校生への観劇ワークショップの運営
カフェ班:camo-cafeの企画・運営

という5つの班に分かれて、総勢24名。
去年は40名中たったの2名だった男の子が、今年は24名中7名と3倍に!
インターナショナル班を統括する筆者のもとには、英語はもちろん、フランス語やアラビア語ができる人、ついこの間パレスチナに行ってきた人、わざわざこのボランティアのために海外留学から帰国する人、などなど、非常に濃いメンバーが集結。これから一緒に仕事ができるのがとても楽しみ!

b0028579_2332261.jpg

↑写真は初顔合わせの説明会。やや固め&緊張気味のYAMPたちですが、その後のキックオフ・パーティーin Camo-Cafeではすっかり打ち解け、アートや演劇について熱っぽく語るYAMPも大勢出現! 今後の展開がとても楽しみなのでした。
by smacks | 2005-02-01 23:10 | ■TIF05-全体

東京国際芸術祭2005記者会見@Camo-Cafe

小春日和の午後、アットフォームな記者会見@にしすがも創造舎Camo-Cafeとなりました。我らがボス、自称「中小企業の社長」市村さんの本音トークは、ときに今年の厳しい経済状況をさらけ出しつつ、ときに制作の裏ネタで笑いをとりつつ、フェスティバルとしてのビジョンを熱く伝えた。あっという間に1時間が過ぎた後、国際交流基金の小滝理事とドイツ文化センターの代表の方からもそれぞれご挨拶。やっぱりVIPの方々は話し上手!(しかしお二人とも黒板の前で話すのがなんとも嬉恥ずかしそうだったのはなぜ?)
b0028579_13026.jpg

そして質疑応答を兼ねたカフェ・タイムに突入。コーヒーを片手に記者や関係者の皆さんと談笑しつつ、関係者とあれこれ本音で話し合う。。こんなゆるゆる楽しい記者会見、これからTIF@にしすがも創造舎の名物になるかも?
b0028579_123333.jpg

by smacks | 2005-01-20 23:32 | ■TIF05-全体

チラシづくりスタート!

東京国際芸術祭(TIF)で中東から招聘する2作品のチラシ制作打合せをする。
広報チーフの横川マダム、TIFの宣伝全般の強い見方シアター・ガイドの結城さん、今回のTIFのADさん。4人でテーブルを囲みながら、「パレスチナとはどこか?」「チュニジアとはどこか?」というイントロから、写真を見せたりビデオを見たり、チラシのイメージを膨らませるためのあの手この手、延々3時間。

日本のチラシ文化。その特異性についてを思うところを書き出すと長くなるので割愛するが、劇場に行く手渡される膨大なチラシの束にはいつも辟易とするし、なんという資源の無駄使いだろうと悲しくなる。一方で、自分が広報をする立場にたてば、それでもチラシというメディアにすがりたくなる気持ちもよく分かってしまう。またチラシを作る=作品のイメージと情報を一枚の紙におとしこんでていく作業そのものは、制作サイドのクリエイティヴィティを刺激する密かな楽しみでもあるのだった。
by smacks | 2004-12-10 23:44 | ■TIF05-全体


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧