smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

2007年 10月 16日 ( 1 )

ソウル出張②:IETMサテライト・ミーティング@ソウル

■ IETMサテライト・ミーティング

今回はお隣の韓国で開催、しかも来年3月には東京でもサテライト・ミーティングが開催されるということで、日本人の関係者の方も多くパネリストとして呼ばれていた模様。筆者は、ほとんどのイベントが終わり、残すはIETMの後半セッションのみ、という非常に悪いタイミングでしか行くことができず、つまりほとんど自分が出るセッションのためにソウルまで行ってきた状態になってしまった感があるが、それでもそれなりに収穫のあった会議になった。

毎度のことながら、苦手な英語でのスピーチ&ディスカッションで、またもや超・冷や汗ものでしたが・・・・他のパネルが行政系の人々で、とてもマクロな視点からクリエイティブ・シティを語ったのに対比する形で、急な坂というミクロな試みが横浜のクリエイティブ・シティの中でどのように生まれ、どのように位置づけられ、どこに向おうとしているのか、ということは、筆者の非常につたない英語でもそれなりに通じたようで、まあなんとかなったような気もする。そもそもIETMは、舞台芸術の現場の人間が集い、その問題意識を共有するために議論する場なので、あまりマクロなことを高段から話してもリアリティがないと糾弾されかねない雰囲気はあるし。以下、ご報告までその詳細。

セッション6: 「舞台芸術とクリエイティブ・シティ」
Session 6. Performing Arts and Cultural City

Moderator:
Benny Chia, Director, Fringe Club (Hong Kong)

Speakers:
a) Kab Soo Kim, Asia Cultural Hub City Project, Ministry of Cultures and Tourism (Korea)
b) Chiaki Soma, Director, Steep Slope Studio- Yokohama Creative City (Japan)
c) Pekka Timonen, Director, Culture for the City of Helsinki (Finland)
d) George Poussin, Chief, Section of Creative Industries for Developing, UNESCO

In this session, we will overview different cultural city projects in Asia and Europe comparing their differing roles, visions, motivations, and shaping and execution of the models. In the case of Asia, most of the cultural city projects are charged with both urban and cultural policies initiated by a city or state government, while the European Capital of Culture is perceived as a pan-European project focusing more on the cultural interchange in EU states. With this in mind, the session speakers from Asia present specific case studies of Gwangju and Yokohama, while speakers from Europe and UNESCO are invited to give comprehensive presentations on the European Capital of Culture and the UNESCO Creative City including their main characteristics, strengths and weaknesses of the past projects, and major achievements. The projects to be introduced through the session include the Asian Hub-City of Culture Project(Gwangju, Koea), the Creative City of Art and Culture(Yokohama, Japan), Culture for the City of Helsinki(Cultural Capital of Europe), and the Creativity City Project(UNESCO). Discussing and comparing each project, the participants will be able to not only exchange information on their projects but also build base for future partnership.


IETMのサテライト・ミーティング@アジアは、2005年のシンガポール、2006年の上海、2007年のソウルに続き、来年2008年3月には東京での開催が決まっている。国や状況は違えど、同じような問題意識を持った世界中の同業者にまた会えるのは、楽しみだ。(それにしても、英語苦手意識を何とかして克服したいものだ・・・)
by smacks | 2007-10-16 04:18 | ■アジア出張


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧