smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

2006年 09月 05日 ( 4 )

9月5日:最近、横浜に通っている理由

最近、時間と体の3分の1くらいは横浜へ。昨日、今日と、横浜に通っている。その理由。

1)ZAIM いよいよ本格始動
横浜の新しいアートスポット、ZAIMにミニミニ・シェアオフィスを構えることになったANJ。今日の夜には、ZAIMにオフィスやアトリエを構える芸術団体が一同に介し、中庭カフェの和やかな雰囲気の中、顔合わせ会が行われた。
財団の運営だというから、きちきちしているのかと思いきや、とーってもフレキシブル&ゆるゆる&楽しい。アートの現場を熟知している職員の方たちのなせる業。ゆるやかな環境から柔軟なコラボレーションを誘発していこうという姿勢がとてもポジティヴ&アクティヴ。
お隣さんの部屋にはフランス時代から知り合いのビデオアーティストが入居していたり、美術展でよく会う友人も何気なくオフィスを構えたり、なんか、とても楽しいことが起こりそうな予感。

2)旧老松会館⇒横浜市舞台芸術創造拠点へ
もともと結婚式場であった老松会館を、横浜の新しい舞台芸術創造拠点にしよう、というプロジェクト。その管理・運営を行う団体として、公募による選定を経て、ANJとSTスポットが選ばれた。そのため、今、多くのことが怒涛のような勢いで動いている。現在進行形。オープンは10月中の予定。瞬発力の必要な仕事になってきた。

横浜市のプレスリリースはこちらから。
by smacks | 2006-09-05 23:11 | ■横浜【急な坂スタジオ】

9月2日:大地の芸術祭 レポート8(写真編) 中里/津南エリア

中里エリア→津南エリア

内海昭子「たくさんの失われし窓のために」
b0028579_0331332.jpg


そして風景。
b0028579_0353245.jpg

b0028579_0353925.jpg


以上。1泊2日ながら、全エリアをまわり、作品の6~7割は見ることができたのではないだろうか。今度はゆっくり来よう。
by smacks | 2006-09-05 00:36 | ■美術系

9月2日:大地の芸術祭 レポート7(写真編) ボルタンスキー

松之山エリアに戻る。

クリスチャン・ボルタンスキー&ジャン・カルマン「最後の教室」
廃校が、「不在」の美術館となる。

b0028579_0303325.jpg

b0028579_0304124.jpg

b0028579_0304815.jpg

by smacks | 2006-09-05 00:29 | ■美術系

9月2日:大地の芸術祭 レポート6(写真編) 松之山/松代エリア

引き続き松之山エリアと松代エリアを行ったりきたり。

杉浦康益「風のスクリーン」 マッドに壮大。
b0028579_0132862.jpg


日本大学芸術学部彫刻学部有志「脱皮する家」
床、壁はもちろん、天井の梁にさえも彫りが。。執念の空き家プロジェクト。
b0028579_0251064.jpg


丸山純子「無音花畑」
廃校になった小学校に、一面の花。素材はスーパーのビニールなり。
b0028579_019168.jpg


大成哲雄「棚田弁当」 森の学校キョロロで食べたランチも作品。
アーティスト本人がレストランの店長のように働いていた。
b0028579_0214719.jpg

by smacks | 2006-09-05 00:11 | ■美術系


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧