smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

2006年 08月 31日 ( 2 )

8月31日:ジョン・ケージ×白井剛

ジョン・ケージ「アパートメントハウス1776」
by アルディッティSQ+ケージ+白井 剛 @津田ホール

津田ホールは室内楽系の音楽ホールで、これまでダンスや演劇とは無縁の場所だった気がする。舞台もいたって普通の室内楽の空間だ。

そこに、ビブラートを一切かけない、無駄なものが一切ない、それでいて深く無限に広がるケージの音楽と、白井氏の空気のような身体が、奇跡のようにあった。

白井氏自身が撮影・構成したという映像は、断片化する音楽の隙間を埋めるように、解釈を押し付けない抜群のセンスが光り。

アルディッティ・カルテットの演奏については、前半部のベートベンがあまりにも筆者の趣味に合わなかったので非常に不安だったが、さすが「世界最高の現代音楽カルテット」と評されるだけあり、ケージに関しては最後の一音まで退屈とは無縁の、非常に素晴らしい演奏だった。

アルディッティSQ+ケージ+白井 剛という組み合わせをここまで形にしたテレビマンユニオンのあの名プロデューサーのお方に、深く感激。きっとこの舞台は、現代音楽、ダンス、それぞれの文脈で、長く語り継がれる企画となることだろう。

朝日新聞にこんな記事を発見。http://www.asahi.com/culture/stage/theater/TKY200608240277.html
by smacks | 2006-08-31 23:07 | ■演劇・ダンス系

8月30日:【怨】ソニー!

10日間の高額治療の果てにソニー退院してきたうちのVAIO。手術の結果、一切の記憶を失って、「出荷時の状態」になって家に戻ってきた。

はずが。。。。

「出荷時の状態」ではなく、脳に大きな障害を残して帰還。

動作が遅い。遅すぎる。クリックするたびに、脳がミシミシと音を立てる。
そして、ソフトを1つでも立ち上げるものなら、フリーズしてしまい、コマンドも一切利かない状態。。。。何度やっても結果は同じ。

これを「出荷時の状態」として高額を請求してきたソニー、しかも保証書を紛失してくれたソニーに対して、もう怒りは爆発寸前。

あまりのことでカスタマーサービスに電話するも、なかなか繋がらず。カスタマーサービスの対応が悪いと評判のソニーだけはある。

結局オペレーターとのアグレッシブにして長いやり取りの果て、退院後1日もしないうちに、再入院決定。今度は絶対何があっても治療費は払わないと約束を取り付けての再入院だが、ソニー病院のことなのでどんな荒療治をされるか分かったものではない。

これまで、すべての電子機器をソニーに揃えてきた筆者だが、さすがに今回の一件で、ソニーに対する不信感は100倍に。

っていうか、この騒動で失い続けている時間を返してよー
by smacks | 2006-08-31 03:42 | ■その他もろもろ


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧