smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ

2006年 06月 23日 ( 1 )

6月23日:ロベール・ルパージュ

TIF2002、「月の向こう側」という作品で東京国際芸術祭に美しい一ページを飾ってくれたカナダ・ケベック出身の演出家ロベール・ルパージュが、新しい作品を携え再び世田谷パブリック・シアターに登場。「アンデルセン・プロジェクト」というタイトルだけを聞くと、アンデルセン自身を扱った自伝的作品のようにとられかねないが、実際にはアンデルセンの童話をモチーフにした子供向けオペラを製作しようとしているパリ・オペラ座の支配人と、その台本を執筆するためカナダからパリに来ているカナダ人作家と、彼が滞在するパリのアパートの地上階にある「のぞき部屋」で清掃を担当するモロッコ移民青年の、3人の人生が交錯する現在の物語。それの3つの登場人物をルパージュが一人で演じきる。

「月の向こう側」は私にとって衝撃的な作品で、合計3回も観たものだが、もう一度、今改めて「月の向こう側」を観たくなった。4年前から、変わったのは私なのか、ルパージュなのか。
by smacks | 2006-06-23 23:36 | ■演劇・ダンス系


人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧