smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

2006年 05月 24日 ( 1 )

5月24日:テアトル・ド・ロンポワン

今日もパリは変な天気。

レストラン @テアトル・ド・ロンポワン
開演の1時間30分前に劇場につき、おいしいと評判のロン・ポワン劇場のレストランで食事を。一緒に来た友人と席に着こうとした瞬間・・・隣の席に、あのエマニュエル・ヴァロン氏が。昨年10月に早稲田大学の招きで来日しすばらしい講義や講演をしてくださった、フランスきっての文化政策・演劇研究者。ちなみに一緒に来た友人の博士論文の指導教官もエマニュエル氏。一同、絶句。世間狭すぎて怖い。
牛肉のカルパッチオのサラダ添えを注文。薔薇色の生肉が大きなお皿一面に広がって、その上に緑の芝生のように新鮮なサラダとひよこ色のパルメザンが広がる、美しい光景。美しさ、味、量、値段、雰囲気、どれをとってもよい。至福。ぜひシャンゼリゼ周辺においでの方はこちらのレストランをお試しあれ。

■オリヴィエ・ピィ「Epitre aux Juenes Acteurs」@テアトル・ド・ロンポワン
一言でいうなら、「演劇のための演劇」「Theatre Franco-Francaise」。仏70年代の学生演劇を見ているようで(見た事ないけど)、ぐるぐるる・・・・。若い役者のための戯曲とはいえ、私が最もとする類の戯曲&演出。んがー。。
by smacks | 2006-05-24 17:12 | ■フランス滞在&もろもろ


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧