smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

2005年 09月 03日 ( 1 )

この歳になって、ピアス初体験

ここ何年か、ピアス穴あけは悲願だった。
(お前は高校生か、というツッコミが聞こえてきそうですが・・・)

しかし。こわい。
身体の加工に極めて保守的、というか、かなり嫌悪感の強い筆者は、「ぶちっ」という音とともに平均よりかなり厚めの耳たぶから、たら~っと血が流れるシーンとその後に襲ってくる激痛やら化膿やらを想像し、絶対無理だろうと思っていた。一生ピアスはできないだろうと。また、小さいころから「福耳」と言われ続けてきた広くて厚い耳たぶに穴を開けることで、運が逃げてしまうのではないか、という根拠のない不安もあり。(しかし、本当に「福耳」だったらもっとお金持ちになっているに違いない。) ともかく自分のことに関してはとても小心者なのだ。

しかし、ここ最近のネットでのリサーチやピアス経験者からのヒアリングの結果、「無痛」で「簡単」という情報が圧倒的多数であることが分った。

もうすぐ誕生日だし、比較的出張や現場の少ない時期だし、涼しくなってきたから化膿のリスクも少ないし、たぶんこれを逃すと一生やれないだろうな、と自分を説得(それにも半年くらいかかった)、ついに本日敢行の運びとなりました。

恵比寿のとあるクリニックにて。可愛い看護婦さんたちが、ピアスの穴の位置を決めてくれ、いざ先生の前へ。「はい、じゃ、右はここでいいですね、じゃ、背筋伸ばして。はい、いきますよ~~」
バチッ~~~~とすさまじい音が耳の後ろで鳴り、も、猛烈な痛みが耳たぶを襲った!
いたあ・・・・・!!!!

あ、甘くみていた。「無痛」というのはデマだ。正真正銘、マジで痛いです!

「あ、あの、い、痛いんですけど」と、焦る筆者に、先生は容赦なく。
「そりゃあ耳たぶ貫通していますからね~。じゃ、左もいきますよ~」

バチっ~~~~  いたいよおおお・・・・

たかが一瞬の施術だったが、恐ろしすぎた。もう二度とやりたくない(涙)。その後もしばらくジンジン、ズキズキ・・・・ なんかピアス穴のまわりが紫になってる気がするし・・・こわいよおおお

この調子では、世に言う「無痛分娩」も「無痛」ではないのかもしれない。皆は自分より相当我慢強いのかも知れない。身体にまつわるいろいろなことが益々恐ろしく思えてきた。

そして、ボディピアスをしている若者たちなどを、心から凄いと思った。お洒落のための気合が違います。恐れ入りました。
by smacks | 2005-09-03 20:27 | ■その他もろもろ


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧