smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

不在

14日の朝、成田についてから、静岡に向かった。SPACで行われるラビア・ムルエの公演は、ヒズボラによるベイルート制圧と空港封鎖という非常事態の中で出国できなかったアーティストの強い信念によって、スカイプ中継、という形によって敢行されることとなった。

「消された官僚を探して」という作品は、舞台上に誰も登場しない、そしてパフォーマーであるラビア自身は客席のどこかで、財務省の高級官僚失踪事件の謎を追う、という、「不在」を巡るドキュメンタリー・パフォーマンスであるが、今回、作者・演出家・パフォーマーであるラビア自身が物理的に「不在」した。レバノンの接続状況が悪いせいで何度も途切れ、断片的になってしまう音声と、身体の映像を2時間見続けた後、いろいろな考えが飛来して、興奮して眠れなかった。

====

後日談として、ラビアはその翌々日、船でベイルートからキプロスに出国し、パリへ飛んで、そこからカンヌに飛んだ。いま、カンヌ国際映画祭へ参加している。

「ある視点」部門にノミネートされたカリル・ジョレイジュ/ジョアナ・ハジュトーマ監督作品「Je veux voir」に、カトリーヌ・ドヌーブと出演しているのである。
http://www.festival-cannes.fr/en/archives/ficheFilm/id/10796443/year/2008.html
by smacks | 2008-05-18 23:38
<< PortB新作「荒地~演劇的イ... ベルリン→ウィーン→ブリュッセル >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧