smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

告知!Camo-Cafe 「自己責任でパレスチナに行こう!」

来週の土曜日、パレスチナの報告会を兼ねたカフェやります!ぜひ遊びにいらしてください。詳細は以下のとおり。


==============================

にしすがも創造舎 Camo-Cafe Vol.1

「自己責任でパレスチナに行こう!」
Camo-Cafeゲスト:椿昇さん(美術家)
ホスト・トーカー:相馬千秋(ANJ/TIF、国際プログラム担当)

にしすがも創造舎の交流サロンにて、Camo-Cafe(かもカフェ)が
オープンします!
そのココロはもちろん、巣鴨の「鴨」と、にほん語特有の婉曲表現
「かも」。「・・・かも」と言いながら一番大事なことを言ったり
している私たちが、ゆるやかに繋がっていく空間を目指します。
毎回ANJ・TIFのスタッフや参加アーティストが、現在進行形の
プロジェクトにちなんだトークやフードでお迎えします。

Camo-Cafe初代ゲストは、巨大バッタや「国連少年展」でお馴染みの
美術家、椿昇さん。きたる東京国際芸術祭2005に向けて、パレスチナの
劇場アルカサバ・シアターとのコラボレーションで舞台美術を制作中
です。その下見としてANJスタッフとはじめて乗り込んだパレスチナ、
ラマラで得た強烈な体験を、500枚を超える映像とトークで綴ります。
緊張はしる検問所、イスラエルが建設を進める「分離壁」、アラファト
議長の容態で揺らぐ中東情勢・・・こんな厳しい占領下の現実に比例して
ますます洗練されていくのは、パレスチナ人の不謹慎ギャグだった? 

 
Camo-Cafe メニューはトルコ珈琲、ミントティー、アニス酒、
そして水煙管(ナギラ)などなど。はるかな旧約聖書ワールドと
ディープで愉快なアラブ・ワールドの交差点、ぜひご堪能あれ!

Camo-Cafe メニュー ---
トルコ珈琲、モロッコ風ミントティー、レバノン産アニス酒
赤・白ワイン、ホットワイン(赤)、水煙管(ナギラ) etc.
各200円



日時:2004年11月6日(土) 15:00 PM スタート
会場:にしすがも創造舎  Camo-Cafe 
〒170-0001 豊島区西巣鴨4-9-1 旧朝日中学校 校舎2F
http://www.anj.or.jp/anj/contact.htm
問合せ:NPO法人アートネットワーク・ジャパン 
tel 03-5961-5200 (担当:相馬)
by smacks | 2004-10-29 13:02 | ■TIF05-パレスチナ
<< 壱万円のアート、所有するアート アラファト、意識不明 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧