smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

やっとひといき

気がつけばエイプリルフールも過ぎて・・今年の現場生活も無事に終わった。

ラビア・ムルエ新作の高知公演も好評のうちに終わり、カンパニーも全員無事に帰国した(はず)。

今回の現場では、白髪が生えてきそうなくらい厳しい状況が3度だけあったが、周囲のスタッフやアーティストたちとの信頼関係のおかげもあり、何とかのりきることができた。まあ、どうにもならないことというのはそんなにない、のは分かっているけれど、それなりにその瞬間は焦るものだ。それにしても、昨年の壮絶な現場(しかもアウェー戦2週間)に比べたら、今年はずいぶんと平和裏に終わったのではないだろうか。

毎年思うのだが、また今年はひときわ、こういう仕事をしていることのスリルと至福感を味わった。とくに、ラビア・ムルエとの長きにわたる共犯関係の末、世に問うこことができた作品に対して、多くの同世代の創り手たちが深い共感を示してくれたことが何よりも嬉しい。

今年はTIF全般について、自分なりの目標値がはっきりしていた。それに対して自分が出来たこと、満足できなかったことの意味を、もっと自分自身に厳しく問いたいとも思う。体制上の問題、経営上の問題、思想上の問題など、多くのハードルがある中で、それを言い訳にして妥協してしまっては、これまでと同じループの中にいるに過ぎない。

ともあれ、普通の人間的生活に戻って、とりあえず目下の目標は:
1)オフィスの掃除と整頓 (たぶん昨年の6月ぶり!)
2)自宅の掃除と整頓 (過去最高に汚い&ものが増えまくっている)
3)歯医者 (今日の昼ごはん中、奥歯のつめものがとれた・・・)
4)美容院 (人には言えないが○ヶ月ぶり!)
5)買い物 (生活必需品にも事欠く始末・・・)

それらが終わったら、本格的に春らしいことをしたいです。
by smacks | 2007-04-04 03:21 | ■その他もろもろ
<< 【必見】ロラン・グットマン/平... レバノン新作、お見逃しなく >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧