smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

8月9日:レバノンから届いたビデオ映像作品

レバノンの若手アーティスト、アリ・シェリー。彼は実はラビア・ムルエやリナ・サーネーとともに、2004年の『ビオハラフィア』東京公演でも来日している。あの、アニス酒がにごっていく不思議な舞台装置と、そこに投射される映像を担当したアーティストだ。さらには、先日のCamo-Cafeで最後に上映した『灰』の中で、主人公を車で迎えにいく従兄弟の役もやっている。彼もまた、レバノン・現代アートの傾向にもれず、パフォーマンスから映像、映画、インスタレーションまでを器用にこなす、マルチ・タレンティドなアーティストの一人だ。

そんなアリがイスラエルの攻撃が激しく続いているベイルートで撮影し、制作した最新の作品が、こちらのリンクで見れる(はず)。筆者は技術的な問題か、まだ見えていない。見られた人はぜひご一報ください。

http://www.localiban.org/ali
ali.mov あるいは、aliboats.mov からダウンロードせよとのこと。同じものらしいです。
by smacks | 2006-08-09 00:00 | ■TIF07-レバノン
<< 8月9日:<ビデオメッセージ>... 8月8日:camo-Cafe ... >>


人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧