smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

7月17日:パリはレバノンとの連帯を掲げる

b0028579_2312423.jpg
本日のル・モンド紙の一面。Paris affiche sa solidarite avec le Liban 「パリ(=仏政府)はレバノンとの連帯を掲げる」
昨日、シラク大統領からの要請を受けドゥヴィルパン首相がベイルートを緊急訪問。これまでもレバノンの独立のためにあらゆる介入と支援を行ってきたフランス。どのメディアも、7月13日以降、レバノン危機を大々的に報じ続けている。

これまで2度イスラエルを訪問し、多くのイスラエル人と仕事をしてきた。個々人に対する尊敬や友情は深い。しかし、だからこそ、イスラエルという「国家」の暴挙に、はっきりとNOと言い、一刻も早くこのような破壊行為、殺戮行為をやめて頂きたい。ヒスボッラは確かに危険で過激な武装組織であるが、彼らはレバノンを代表しない。国家を代表しない武装組織からの攻撃に対し、なぜイスラエルは、レバノンという国家そのものを、堂々と破壊しているのか。そんなことが許されていいのだろうか。空港、幹線道路、橋、発電所・・・国家の動脈をすべてずたずたに破壊し、益々ヒスボッラの過激な反撃を煽り、一般市民を殺戮するイスラエル。そんなイスラエルこそ、テロリスト国家に違いない。理由もなくテポドンを飛ばし東アジアの安定に揺さぶりをかける北朝鮮と、「セキュリティ」「自衛」を理由に隣国を極めて残忍な方法で抹殺するイスラエルに、大差はないだろう。日本のメディアも、北朝鮮がテポドンを飛ばしてきたのと同じくらいのインパクトと憎悪を持って、このテロリスト国家イスラエルを糾弾すべきなのではないか。

このブログではこれから毎日、手元にたまってきた、レバノンのアーティストたちからのメールを翻訳し、紹介していこうと思う。
by smacks | 2006-07-17 22:59 | ■TIF07-レバノン
<< 7月20日:アライブ・フロム・... 7月14日:レバノンは戦争状態にある >>


人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧