smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

ナント市長来日①

ナント市長夫妻、文化局長ボナン氏が無事来日。今日から10日間ほど一緒に日本全国を行脚する。

ところでご存知ない方も多いと察するが、フランスでは、地方自治体の長は、国会議員を兼職することができる。ナント市長のジャン=マルク・エーロー氏は、ナント市長であると同時に、ナント大都市圏の会長でもあり、この地域を代表する国会議員でもあり、またフランス社会党の超重要政治家である。

つまりとても偉い人なのだが、まだ御年50台前半。が、20台のころ、当時フランス最年少市長としてナント近くの自治体の長となって以来、すでに市長歴は30年を超える。。。

そんな偉い御方である市長&奥様は、フランスでもそれなりの有名人であるはずだが、なんと、エコノミークラスで日本にいらしたという。市民の血税を大切にする社会党の理念に従った行動という。。

それから一番驚いたのは、市長の奥様。ぱっと見、美しいブロンドの貴婦人といった風情で、実際とてもとても素敵な御方なのだが、なんと、もともとは中学校の教師で、3期にわたりナント市議会議員を務めた後、現在はまた教職に戻っているという。国会議員兼市長の夫を助けるためフルタイムではないらしいが、ナント郊外の社会的に厳しい地区の中学校に自ら志願、中学生の教育を通じて、さまざまな政治理念を説いているという。。そのアクティブなこと、決断力のあることといったら。。。そもそも20才そこそこで市長と結婚し、家庭も子供も持ちながら市議会議員と教師を務めながら、あの絶対的なエレガンスを保つというのは、いったいどういうバイタリティと体力があると実現できるのだろうか。
b0028579_846568.jpg

↑ルイ・ヴィトン表参道店のイベント・ホール。青木淳氏の手がける建築を案内。おおきな陰が、エロー市長であらせられます。
by smacks | 2006-04-30 23:07 | ■仏・ナント市関連
<< ナント市長来日②:新潟 大倉山記念館 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧