smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

雪の青森、日帰り

青森へ、日帰り出張。
機内で「青森空港の天候によっては引き返すこともあります、御了承ください」のアナウンスが何度も流れ、かなり動揺。(だが後から聞いた話では、この季節には毎度のことらしい)
なんとか着陸した空港は、見渡す限りの銀世界、というよりは視界すべてが白い。バスで市内まで。バス停から青森県庁まで、人影まばらで雪が自分の背丈より高く積もっている道を歩きながら、猛烈な吹雪に、ひとり遭難しそうに・・・。「雨ニモマケズ、雪ニモ・・・」と口ずさみたくなる。↓遭難しそうになりながら撮影(午後12時30分)。写真正面、県庁の外壁には「青森県立美術館開館2006年7月13日」の垂れ幕が!
b0028579_251998.jpg
やっと辿り着いた県庁で、3月末に計画中のプロジェクトのMT,それから竣工してから初めて訪れる青森県立美術館(2006年7月開館予定)へ。
b0028579_2512635.jpg
まだ作品が収納されていないので、青木淳氏の建築を、存分に堪能する。白い外壁と雪の色はそっくりで、どこからが建物でどこからが雪かよく分らないのもデザインなのだろうか?などと思いつつ、内部のホワイトキューブに魅せられる。
b0028579_2514797.jpg
その空間はどの空間にも似ていない。そして、もともと自分の中にある身体感覚ではうまく把握できない不思議な空間構造とスケール感。また随所に、あっと驚くお茶目な仕掛けが施されていて、それを発見する喜びも多い。
まだ作品もなく、誰もいない美術館の、生まれたてのまっさらなホワイトキューブの白と、その周りの雪の白に、そのまま溶けてしまいたいような・・・ああ現実逃避。早く3月27日にならないかなあ。。。
b0028579_2515646.jpg


帰りの最終便が、雪のため遅れ、筆者を激しく動揺させたことは言うまでもない。でも今日中に帰れてよかった。。。
by smacks | 2006-02-02 23:23
<< (祝)東京国際芸術祭2006開幕! 「カリラ・ワ・ディムナ」特別講義 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧