smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

パレスチナへ経つ人々

3月17日
昨晩のディープアラブカフェのあと、新宿に戻りまた朝2時過ぎまで宴会に付き合った。しかし、椿さんをはじめみんな体力あるなあ・・・私は基本的に寝ない・食べない、に耐えられない体質なので、最低限の睡眠確保のため失礼する。
朝6時50分。見送りのためホテルのロビーにいくと、まだまったりと朝食をとるパレスチナの面々・・・私が行かなかったらバス乗り遅れてたな、絶対! 感慨に浸る間もなく、荷物を降ろしてバスへのせる。徹夜で見送りをしてくれた椿さんやYAMPの坂本さんと宇波さんがうるうると別れを惜しんでくれる横で、彼らをバスに押し込む相馬。皆に冷たい奴だと思われただろうなあ・・・でも、別れの挨拶は苦手なことのひとつ。それに彼らとは、絶対に近いうちに会うだろうという確信がある。

10時。チュニジアの仕込み。途中ファーデルと日経新聞の河野氏とのインタビューなどが入り一時中断するも、午後には舞台を稽古に使用できる状態となる。夜22時まで、場面ごとにストップしながらの稽古が続いた。ファーデルは役者に怒鳴り続けていた。ところどころフランス語になるので、私にも分かるが、彼の要求は際限がない。。。時に罵倒し、時に自分が舞台にあがって、納得のいくまで役者に繰り返させる。終わるころには役者たちはぐったりして、誰一人飲みにいこうとは言わなかった・・・
by smacks | 2005-03-17 23:37 | ■TIF05-パレスチナ
<< ジュヌン―狂気、衝撃の初日あく ディープなアラブの宴 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧