smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

レバノン前首相ラフィク・ハリリ、テロに死す

昨日の「ルート181」でたどり着いた北の境界、レバノンで今日、国家を揺るがす大事件が起こった。
レバノン内戦終結後、12年間に渡ってレバノンの首相を務めてきたラフィク・ハリリ前首相がテロに倒れた。爆弾で車ごとぶっ飛び、巻き添えの死者・負傷者多数。内戦終結後最悪のテロだという。
レバノンのアートジャーナリスト、ピエール・アビザアブからは「これはレバノン民主主義の危機だ」というメールが早速届いた。レバノンでは、大統領はキリスト教徒、首相はイスラム教徒、国会議員の数も宗派によって配分されている。そして隣国の大国シリアは、レバノンに軍を駐在させ続け常に政治的介入・圧力をかけ続けている。シリア軍のレバノン駐留に反対していた前首相に対するこの蛮行だが、シリアの大統領も「これは犯罪行為だ」という声明を発表。・・・・おととい、内戦下の分断されたベイルートを舞台にした映画「西ベイルート」を見た後だけに、この、なんとも微妙な宗派間のバランスだけを頼りに成り立っている国家の行方が気になって仕方がない。(→Yahoo海外トピックス・レバノン

● 参考文献:「レバノンにおける舞台芸術の<起源>と<現在>」 ラビア・ムルエ (訳:岡真理)-舞台芸術07号 
by smacks | 2005-02-14 22:14 | ■TIF07-レバノン
<< アライブ・フロム・レバノン-ハ... 『ルート181 パレスチナ~イ... >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧