smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

金沢21世紀美術館:アートの夢と力

念願の金沢21世紀美術館を訪れる。
5年前から準備室に入りこの美術館を作り上げたブレーンのお一人、エデュケーターの黒沢さんと、交流課をとりまとめながらパフォーミング・アーツを中心としたプログラムを担当されている近藤さんに、館内をほぼ丸一日かけて案内していただくという、かなり贅沢な幸運にも恵まれた。(黒沢さん、近藤さん、ありがとうございました)
丸い美術館=まるびぃ、宇宙船、UFO・・・確かにこれは今までどこにも見たことのない美術館だった。市庁舎や兼六園の隣、まさに都市の心臓部に飛来した宇宙船は、どこが正面でも裏でもない。4つある入り口のどこから入ってもOK,どこから出てもOKというフラットに開かれた空間が実現している。まさに彼らが目指したとおり敷居の低い(というか、ない)美術館だ。

ある雑誌のインタビューで学芸課長の長谷川裕子さんが「一般の人々にも受け入れられるためには一流の作品を見せることが重要」というようなことを語っていた。まさに、この言葉に尽きると思う。本当に力のある作品をベストのコンディションで見せること以外に、アートが人々を納得させる方法はない。それを分かっていながらも、行政側の意向や予算と折り合いがつかず折衷案で妥協を重ね、結果誰にとっても不幸で中途半端な美術館が多い中で、ここまで信念を貫き、目に見える形として提示した21世紀美術館。コンセプトや理想を具体化していく過程では、逐一行政側と意思決定をしなければならない。当然生じる意見の相違をどう解決し決定まで運ぶのか? 黒沢さん曰く、「最後は、ゴリ押し」。・・・お、恐れ入りました。ゴリ押しできるほどのゆるぎない確信と、ゴリ押しすることによって流される双方の血(もちろん比喩であって欲しい)を恐れず、その苦痛を乗り越えていく肉体的・精神的な強靭さ。
アートにたずさわるもののハシクレとして、勇気をもらうお話を、たくさんたくさん聞いた。

オープニング企画展「21世紀の出会い-共鳴、ここ・から」も、多くの作品がこの美術館の個々の展示空間にあわせて制作された新作であるためか、心を突き動かされる作品が多かった。とても良かった。筆者同様に、作品に心奪われてでぼ~っとしている子供たちも多くいた。黒沢さんによると地元のヤンキー中学生が美術館に来て何気なく「タレルの部屋でなごんでいこうぜ」発言をしたり、『ブレイン・フォレスト』の部屋では、中学生の間で「手鏡を2つ見つれば高校受験に合格する」というジンクスが生まれ、見つけられなかった生徒が泣き出した・・・などなど、微笑ましいエピソードも数限りなく生まれているようだ。
b0028579_14325393.jpg
こちらは美術館の外にあるアトリエ、プロジェクト工房の現時の様子。ヤノベケンジさんのプロジェクト「子供都市計画所」の制作現場となっている。3月にはパビリオンとして3日間にわたって展示+イベントを行うそうで、そのディレクションをまかされているのが原田君。IMIで教鞭をとる椿さん一押しの教え子でもあり、パレスチナのチラシをデザインしてくれた若き表現者である。この塔も、デザインから設計、制作まで手がけた。レジデンスin 金沢はすでに3ヶ月以上経過し、あと2ヶ月半、美術館が用意する滞在先(近くのマンション)と工房との往復生活が続くそうだ。

b0028579_1433271.jpg
中庭にあるコミッション・ワーク、レアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」。ほんとに人が水中にいるみたい!プールの外側にいる我々に、プールの内側から手を振るおじさんたち。実社会ではありえない交流と対話が、アートを媒介として自然発生してしまう。子供も大人もかなり本気で驚き、楽しむ作品。
b0028579_1422361.jpg
夜の「まるびぃ」も、22時まで360度開館中。
by smacks | 2005-01-22 23:58 | ■美術系
<< 加賀百万石に魅せられる 東京国際芸術祭2005記者会見... >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧