smacks dialy

日々の仕事のこと、観劇・鑑賞記録、出張報告など、国内外の舞台芸術を中心としたアートおよびアートマネジメント全般がテーマです。
by smacks
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ

あざみ野、敗北

とうとう出ました、「横浜市民ギャラリーあざみ野」指定管理者公募コンペの最終審査結果。こちらの横浜市のHPから報告書丸ごとPDFファイルで開けます。
我々「アートネットワーク・芸術家と子どもたち・P3事業共同体」は2位。がく~っ
そして「横浜市芸術文化振興財団」、ぶっちぎりのダントツ1位。やっぱり・・・

さて、この審査結果をどう読むか? 
アート業界をはじめ関係者の反応・論争やいかに?


<追記>
トラック・バック&コメントいただいてます↓
http://blog.livedoor.jp/makotx253/archives/12318770.html
http://fringe.jp/topics.html#01

結果を見て率直に思ったこと2つ。

①結局、点数をつけるのは審査員。(で、審査委員を決めるのは横浜市)どんな良い企画も、審査員が理解しなければ点数にはならない。審査委員の中には、我々に対して最高得点をつけた人もいれば、最低得点をつけた人もいる。ある審査員は、2次提案書の文化事業の企画に対して、アート系の3つの候補者よりも、ビルメン2社および財団に高得点を入れた。文化事業の企画を専門とする3団体からの提案よりもビルメンを評価するというのは、なかなか信じがたい審査結果である。
②やはり審査のポイントは「貸館」なのか? 審査評では、ANJおよびARDAの2つのNPOに対して「貸館利用者への配慮の姿勢が足りない」というコメントがあった・・・「貸館利用者への配慮」とはいったい何だろう? 自主企画よりも貸館を優先するとか、利用者団体をギャラリー運営に参加させるとか? とにかく市民の多様なニーズに広く浅く対応可能な「無難な」ギャラリーをつくることが、横浜市が目指す文化ビジョンなのだろうか? 
by smacks | 2005-01-13 23:29 | ■アートマネジメント関連
<< (祝)TIF2005チケット前... 3巨匠によるテポドン・トーク、炸裂! >>


人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧